ディープインパクトにとって、ダイヤモンドステークス(4歳上・GIII・芝3400m)は名前も聞きたくないレースかもしれない。というのも、これまでに延べ28頭の産駒が挑みながら、15年ファタモルガーナと20年メイショウテンゲンの2着が最高着順。未だに戴冠に手が届いていないからだ。もちろん、ディープ産駒が勝っていない重賞は多くある。しかしながら、その中で出走頭数が28頭というのは最多。すなわちダイヤモンドSはディープインパクト産駒が最も苦手な重賞といっても過言ではない。

 鬼門突破を目指し、今年は2頭のディープ産駒がエントリーしてきた。もちろんエース格はサリエラ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)だ。半兄がサリオス、全姉がサラキアとなる血統馬。ここまで惜しくも重賞には手が届いていないが、3走前の目黒記念は0秒1差の3着。前走のエリザベス女王杯も上がり3F最速タイをマークして0秒3差の6着だった。今回は大幅な距離延長がカギになるが、実力的には一枚上といえる。

 もう1頭のグランスラムアスク(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)はオープンで壁に当たっているが、ここは楽に逃げられそう。古くからの格言に「長距離の逃げ馬」とあるように、それだけで軽視は禁物。52kgの軽量も味方に見せ場以上があっても驚けない。

 19年7月に死んだ父も、2頭の愛娘にエールを送っていることだろう。残り少ないチャンスを生かし、ディープ産駒のダイヤモンドS初制覇となることを期待したい。

【ダイヤモンドSのディープインパクト産駒の3着以内】
・12年3着スマートロビン(2番人気)
・15年2着ファタモルガーナ(2番人気)
・16年3着ファタモルガーナ(8番人気)
・18年3着ソールインパクト(6番人気)
・20年2着メイショウテンゲン(3番人気)
・22年3着トーセンカンビーナ(5番人気)