JRAのダートGI/JpnI(18年のJBCレディスC除く)に出走した牝馬はのべ60頭いるが、3着以内に入った馬はうち5頭のみ。芝では牡馬と互角以上に張り合う牝馬も珍しくないが、ダートではGI級ともなると牡牝の差はまだまだ大きい印象がある。

 22年のフェブラリーステークスにおいて、3着となったソダシ。勝利こそならなかったが、牡馬相手にしぶとく食い下がり、改めて実力を示した一戦だ。今年最初のJRA・GIを前に、同馬のダート挑戦を振り返ってみよう。

 20年7月に札幌でデビュー勝ちを飾ると、札幌2歳S、アルテミスS、さらには阪神JF、桜花賞と5連勝。白毛初の芝重賞制覇、白毛初のGI制覇など、“白毛初”の記録を次々に打ち立て、愛らし見た目も相まってアイドルホースに上り詰めた。オークスでは8着だったが、札幌記念では古馬撃破。しかし、秋華賞ではゲートでのアクシデントもあり、10着に敗れた。

 次走が注目される中、陣営が選んだのは砂への挑戦だった。下半期のJRAダートチャンプ決定戦チャンピオンズCに出陣。ソダシは父がダート王者クロフネ、母は砂で4勝のブチコ。さらに伯母ユキチャンは牝馬のダートグレード競走3勝ということもあり、「ソダシはダートでこそ」の声もあった。ところが、結果は12着。マイペースでレースを引っ張ったものの、早々に失速してしまった。

 ダートは合わないのか? 競馬ファンの中でも意見は割れた。だが、ソダシは再び砂を踏む。年明け初戦に選択したのは、フェブラリーSだった。

 3枠5番から白い馬体はスタート。若干ゲートで立ち遅れたものの、スローを見越して前目に付けると、逃げ馬を行かせて2、3番手から運ぶ。4コーナーからじわじわ仕掛けて、直線は父を彷彿とさせる力強いストライドで懸命の疾走。カフェファラオ、テイエムサウスダンには届かなかったが、強豪牡馬を相手に0.5秒差の3着に入った。2戦連続の二桁着順から一変。復調への大きなきっかけをつかんだ。

 改めて示した高い適性。ワンターンのマイル戦はやはり走る。ならばと次走は再び芝に戻り、ヴィクトリアマイルに挑むと、4番人気の評価を覆して2馬身差の圧勝。3つ目のGIタイトルをつかんでいる。その後もマイルを中心に活躍続けたソダシ。繁殖牝馬としても、芝・ダで“二刀流”の活躍馬を送り出すだろうか。