海外G1勝ち馬2頭の半弟となるグラヴィス(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が、土曜京都9Rのつばき賞(3歳・1勝クラス・芝1800m)で連勝を狙う。

 グラヴィスは父ハーツクライ、母ラヴズオンリーミー、母の父Storm Catの血統。半兄のリアルスティールは16年のドバイターフなど重賞を3勝。半姉のラヴズオンリーユーは19年のオークス、21年のクイーンエリザベスII世C、BCフィリー&メアターフ、香港CとGIを4勝。この血統が高く評価されて、21年のセレクトセール当歳で2億8000円(税抜)の高値が付いた。

 昨年9月にリアルスティール、ラヴズオンリーユーと同じ矢作厩舎からデビュー。新馬(阪神芝1800m)が2着、続く未勝利(京都芝2000m)も7着と取りこぼしたが、3戦目となった前走の未勝利(小倉芝2000m)で初勝利。後方から外々を回って押し上げると、ロスなく運んだ2着馬をハナ差抑え、着差以上に強さを感じさせる内容だった。

 ディープインパクト産駒だった兄姉に対し、ハーツクライ産駒のグラヴィスは成長曲線が緩やかなイメージ。とはいえ、現時点でも1勝クラスをあっさり突破できるポテンシャルは秘めている。クラシック路線に乗れるかどうか、ここが今後を左右する一戦となりそうだ。