今週も開催は引き続き「東京・京都・小倉」の3場。

 日曜日の重賞は、小倉競馬場でハンデ戦の芝中距離・小倉大賞典(GIII・小倉・芝1800m)。そして東京競馬場では2024年最初のGI開催となるダート頂上決戦・フェブラリーステークス(GI・東京・ダート1600m)が行われる。

 注目レースはやはりGIフェブラリーS。いつものように過去10年データを使って馬券のヒントを探っていこう。

1.1番人気の馬券圏内率は90パーセント?

 まずは上位人気の成績チェックから。

 フェブラリーSでは過去10年、1番人気馬はなんと5勝もしている。成績は【5-2-2-1】。馬券圏内は90パーセントと重賞のなかでも異質なくらいの好成績である。

 近5年でも、レモンポップ(23年)、カフェファラオ(21年)・モズアスコット(20年)・インティ(19年)と1番人気が4勝と圧倒中。一方、2番人気馬も3勝していて、成績は【3-2-0-5】。1番人気と2番人気だけで8勝を収めているわけだ。これ以外の2勝分は18年4番人気ノンコノユメと、14年16番人気コパノリッキー。

 とにかく馬券軸としては上位人気2頭が中心。過去10年でも上位人気2頭がどちらも馬券圏外に消えることはないレース。さて今年はいかに?

2.なぜか1枠大不振?

 東京ダート1600m戦は、ダート戦ながらスタート地点は芝という特徴あり。外枠のほうがわずかに芝を長く走れるコース形態だが、枠番による有利不利はあるのだろうか。

 過去10年、1着馬をもっとも多く出している2枠(3回)。逆に1着馬が出ていないのが1枠・5枠・8枠となっている。なかでも1枠は大不振。過去10年で馬券圏内馬が1頭もいない。11年前には1枠2番だったグレープブランデーが勝っているが、以降の好走はない。今年1枠に入ったのはイグナイターとシャンパンカラー。2頭にとっては嫌なデータだ。

3.全体的にみれば関西馬優勢?

 近3年、フェブラリーSでは関東馬が3連勝中だ。過去10年だと4回関東馬が勝っている。18年1着ノンコノユメ、21年&22年連覇カフェファラオ、そして昨年23年のレモンポップである。

 これだけ見ると、関東馬は健闘しているように感じるが、これ以外の2・3着は、ほとんどが関西馬で占められる。2・3着馬全20頭中、関東馬は1頭のみ。つまりは関東馬が2頭以上馬券圏内に食い込むことはないのだ。

 しかし今年は上位人気になりそうな関東馬もいる。これまでのパターンを覆すような関東馬活躍の年になるのかどうか。

4.前走根岸Sはやはり好相性?

 つづいては前走ローテの傾向について。

 21年&22年の馬券圏内馬は「すべて前走根岸SかチャンピオンズC」で占められていた。そして昨年も前走根岸S1着レモンポップが1着。これで前走根岸S1着馬は、過去10年で4勝していることになる。2・3着を含めれば過去10年の根岸S1着馬は6回も馬券圏内になっているわけだ。

 しかし今年、根岸S1着馬エンペラーワケアは出走せず。しかも根岸S3着以降の馬のフェブラリーS好走例はない。今年の前走根岸S組、アルファマムとタガノビューティーはどこまで頑張れるか。

 あとは「前走チャンピオンズC」組。こちらは勝馬だけでなく、22年のカフェファラオのように11着からの巻き返しパターンもある。昨年は「前走チャンピオンズC」組の出走はなし。そして今年も、チャンピオンズC組は2頭いるが、前走で東京大賞典を使っているのでパターン外。今年は、ローテからのパターン狙いは難しそうだ。

5.逃げ馬か、追い込み馬か?

 最後は脚質からの絞込み。

 フェブラリーSでは逃げタイプと追い込みタイプ、どちらが優勢なのだろうか。

 過去10年データからすると、逃げた馬は1着1回、2着1回があるだけで、あとはほとんどが2ケタ着順に敗退している。

 それに対し、レースで最速上がりを出している追い込みタイプは、過去10年のうち9年で馬券圏内をキープしている。特に最速上がりを使った馬は2・3着になることが多い。馬券軸として狙うならば上がり重視タイプが面白い。