2月17日(土)は東京・京都・小倉の3場開催。16日正午の馬場状態は東京が芝・ダート共に良、京都が芝が良・ダートが稍重、小倉が芝・ダート共に良となっている。17日の天気は東京が晴れ、京都が曇りのち晴れ、小倉が晴れの予報となっている。

■ダイヤモンドSでテーオーロイヤルが同レース2勝目なるか
 東京11Rは芝3400mのダイヤモンドS(GIII)。一昨年の覇者で、骨折から復帰2戦目の前走ステイヤーズSで2着したテーオーロイヤル、エリザベス女王杯6着から巻き返しを期すサリエラ、ステイヤーズS4着のワープスピードなどが出走する。

■京都牝馬Sは実績馬に新鋭が挑む
 京都11Rは芝1400mの京都牝馬S(GIII)。重賞4勝で前走スプリンターズSで3着のナムラクレア、海外遠征明けも重賞6勝で力上位のメイケイエールら実績馬相手に、4歳馬ソーダズリングなどが重賞初制覇を狙う。

■小倉城Sでゴッドブルービーの連勝なるか
 小倉11Rはダート1700mの小倉城S(3勝)。2勝クラスを圧勝したゴッドブルービーが相性の良い同コースで連勝なるか。対するは豊前Sで3着のタガノエスコート、レベルが高かったアレキサンドライトSで2着のプリンスミノルなど。

■金蹄Sは得意条件でクールミラボーのオープン入りなるか
 東京10Rはダート2100mの金蹄S(3勝)。クールミラボーは東京ダ2100mで2勝を挙げているように、ここがベスト条件。前走は好メンバー相手に2着で、ここは勝ち負けが濃厚。対するはクールミラボーにレパードSで先着しているルクスフロンティアなど。

■河原町Sでロードアウォードの4連勝なるか
 京都10Rはダート1400mの河原町S(3勝)。3連勝中のロードアウォードが更に連勝を伸ばすか。対するは前走でクラスに目処を立てたエルゲルージ、末脚堅実なアルメイダミノルなど。

■フリージア賞は良血バードウォッチャーが巻き返しを期す
 東京9Rは芝2000mのフリージア賞(3歳・1勝)。GI・5勝馬アパパネの仔バードウォッチャーが、京成杯7着から巻き返しを期す。対するは新馬戦2着から臨んだ未勝利戦を圧勝したマーシャルポイント、アドマイヤリードの半妹アドマイヤベルなど。

■つばき賞は少頭数ながら好素材が揃う
 京都9Rは芝1800mのつばき賞(3歳・1勝)。前走の未勝利戦が強い競馬だったインファイター、リアルスティールやラヴズオンリーユーの半弟グラヴィス、新馬戦の瞬発力が目立ったサブマリーナなどがエントリー。

■東京4Rの新馬戦でミヤジタイガの半妹ムーランボルドーなどがデビュー
 東京4Rはダート1600mの新馬戦。芝・ダートで4勝を挙げ、障害でも活躍したミヤジタイガの半妹ムーランボルドー、13年セントライト記念など重賞2勝を挙げたユールシンギングの半妹ヴォードノエルなどがデビューする。

■京都4Rの新馬戦でセレクトセール6380万円のミッキークレストなどがデビュー
 京都4Rはダート1800mの新馬戦。セレクトセール1歳セリで6380万円(税込み)の値が付いたミッキークレストなどがデビューする。

■嶋田純次騎手らが節目の勝利までわずか
 嶋田純次騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は小倉で3鞍に騎乗。石神深一騎手はJRA通算200勝まであと3勝で、本日は小倉で2鞍に騎乗する。

■土田真翔騎手がバースデー
 土田真翔騎手は本日が20歳のバースデーで、小倉で1鞍に騎乗する予定。

■小林真也調教師がバースデー
 小林真也調教師は本日が43歳の誕生日。管理馬は京都で2頭、小倉で1頭がスタンバイしている。