17日、東京競馬場4Rで行われた新馬戦(3歳・ダ1600m・16頭)は、ハナを切ってそのまま逃げ切った杉原誠人騎手騎乗の7番人気シークレットマター(牡3、美浦・岩戸孝樹厩舎)が、最後方から一気の追い上げを見せた14番人気マフィン(牝3、美浦・大和田成厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分40秒5(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に4番人気インゼエボニータ(牡3、美浦・鈴木慎太郎厩舎)が入った。なお、1番人気ダイアトリーム(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は13着に、2番人気ワイドエトワール(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)は11着に、3番人気ヴォードノエル(牝3、美浦・村田一誠厩舎)は4着に終わった。

 勝ったシークレットマターは、父ディスクリートキャット、母エンクリプション、その父ストーミングホームという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆シークレットマター(牡3)
騎手:杉原誠人
厩舎:美浦・岩戸孝樹
父:ディスクリートキャット
母:エンクリプション
母父:ストーミングホーム
馬主:ゴドルフィン
生産者:ダーレー・ジャパン・ファーム

【全着順】
1着 シークレットマター 7人気
2着 マフィン 14人気
3着 インゼエボニータ 4人気
4着 ヴォードノエル 3人気
5着 シルバーブロンド 13人気
6着 マダムカリーニョ 11人気
7着 マオノボルケーノ 6人気
8着 ダイアヴィック 8人気
9着 セッカチドラゴン 10人気
10着 ムーランボルドー 5人気
11着 ワイドエトワール 2人気
12着 リキサンワールド 15人気
13着 ダイアトリーム 1人気
14着 リフトローダー 16人気
15着 オルセー 9人気
16着 ニシノココ 12人気