17日、東京競馬場で行われたフリージア賞(3歳・1勝クラス・芝2000m)は、ハナを切ってそのままゴールまで粘り切ったC.ルメール騎手騎乗の1番人気マーシャルポイント(牡3、美浦・木村哲也厩舎)が、最後に並んできた3番人気アドマイヤベル(牝3、美浦・加藤征弘厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分00秒3(良)。

 さらにハナ差の3着に6番人気サトノオラシオン(牡3、美浦・堀宣行厩舎)が入った。なお、2番人気バードウォッチャー(牡3、美浦・国枝栄厩舎)は8着に終わった。

 勝ったマーシャルポイントは、父エピファネイア、母トリプライト、その父ワイルドラッシュという血統。前走の未勝利戦に続く2連勝を飾った。

【勝ち馬プロフィール】
◆マーシャルポイント(牡3)
騎手:C.ルメール
厩舎:美浦・木村哲也
父:エピファネイア
母:トリプライト
母父:ワイルドラッシュ
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 マーシャルポイント 1人気
2着 アドマイヤベル 3人気
3着 サトノオラシオン 6人気
4着 アバンデル 9人気
5着 ニシノティアモ 5人気
6着 ブライトマン 4人気
7着 ホーエリート 8人気
8着 バードウォッチャー 2人気
9着 キャントウェイト 7人気
10着 レリッシュ 10人気