2月18日(日)は東京・京都・小倉の3場開催。18日の天気は東京が曇りのち晴れ、京都が曇り、小倉が晴れ時々曇りの予報となっている。

■フェブラリーSに多彩なメンバーが集結
 東京11Rはダート1600mのフェブラリーS(GI)。昨年のJBCクラシックの覇者キングズソードやGI・2連続2着のウィルソンテソーロ、5戦3勝のオメガギネス、芝・ダートで二刀流のドゥラエレーデ、昨年2着のレッドルゼルなどに加え、地方からJBCスプリントの覇者イグナイターや南関東三冠馬ミックファイア、芝路線からもNHKマイルCの覇者シャンパンカラーやセントライト記念勝ちのガイアフォースなど多彩なメンバーが集結。混戦必至で予想のし甲斐があるレースになりそうだ。

■小倉大賞典は人気馬取り消しで更に混戦模様
 小倉11Rは芝1800mの小倉大賞典(GIII)。人気が予想されたディープモンスターが取り消し、さらに混戦模様。ゴールドエクリプスはエリザベス女王杯で14着に敗れたが、全4勝を挙げている1800mで巻き返しが期待される。対するは中山金杯1番人気11着からの巻き返しが期待されるエピファニー、小倉日経OPを快勝したダンディズムなど。

■コパノリッキーCは払い戻し率優遇!マイネルモーントが人気の中心か
 東京10Rは芝2000mのコパノリッキーC(3勝)。払い戻し率80%にさらに売上の5%相当額が上乗せされる注目のレースだ。ウェルカムS2着以来の出走となるマイネルモーントが人気の中心になりそう。対するは、こちらも休み明けで昨年8月の日本海S2着以来の出走となるレッドラディエンス、2走前に同級2着があるワイドエンペラーなど。

■斑鳩Sはアイスグリーンの差し脚に注目
 京都10Rは芝1600mの斑鳩S(3勝)。決め手が武器のアイスグリーンが外伸び馬場で決めるか。対するは前走でクラスに目処を立てたセオ、相手なりに走れるディオなど。

■ダートの登竜門ヒヤシンスS
 東京9Rはダート1600mのヒヤシンスS(L)。船橋で行われたブルーバードC3着からここへ臨むバロンドールが中心となりそう。対するは強烈な決め手で寒椿賞を勝ったラムジェット、末脚堅実なアンクエンチャブルなど。

■京都4Rの新馬戦でドンフランキーの半妹ビップジェンマなどがデビュー
 京都4Rはダート1400mの新馬戦。フェブラリーSに出走するドンフランキーの半妹ビップジェンマ、追い切りの動きが良かったキングヴァージルなどがデビューする。

■帯広競馬で重賞チャンピオンカップ
 帯広競馬場では重賞チャンピオンカップが行われる。発走は18時25分。