18日、小倉競馬場で行われた第58回小倉大賞典(4歳上・GIII・芝1800m)は、中団追走から直線で各馬を差し切った杉原誠人騎手騎乗の3番人気エピファニー(牡5、美浦・宮田敬介厩舎)が、後方からの追い上げを見せた4番人気ロングラン(セ6、美浦・和田勇介厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分45秒1(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に10番人気セルバーグ(牡5、栗東・鈴木孝志厩舎)が入った。なお、1番人気アルナシーム(牡5、栗東・橋口慎介厩舎)は4着に、2番人気ゴールドエクリプス(牝5、栗東・大久保龍志厩舎)は12着に終わった。

 勝ったエピファニーは、父エピファネイア、母ルールブリタニア、その父ディープインパクトという血統。前走の中山金杯では1番人気に支持されるも11着に敗れたが、ここで見事巻き返して重賞初制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
◆エピファニー(牡5)
騎手:杉原誠人
厩舎:美浦・宮田敬介
父:エピファネイア
母:ルールブリタニア
母父:ディープインパクト
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 エピファニー 3人気
2着 ロングラン 4人気
3着 セルバーグ 10人気
4着 アルナシーム 1人気
5着 フェーングロッテン 9人気
6着 クリノプレミアム 7人気
7着 カテドラル 6人気
8着 ダンディズム 5人気
9着 イクスプロージョン 15人気
10着 アドマイヤビルゴ 12人気
11着 アサマノイタズラ 11人気
12着 ゴールドエクリプス 2人気
13着 マイネルファンロン 13人気
14着 シフルマン 14人気
競走中止 ホウオウアマゾン 8人気
出走取消 ディープモンスター