18日、京都競馬場で行われた大和ステークス(4歳上・オープン・ダ1200m)は、道中は後方を追走し、直線で馬群を抜けて差し切った団野大成騎手騎乗の8番人気スズカコテキタイ(牡5、美浦・奥村武厩舎)が、中団から脚を伸ばした1番人気タイセイブレイズ(牡6、栗東・牧浦充徳厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒7(良)。

 さらにハナ差の3着に9番人気イスラアネーロ(牡5、栗東・吉村圭司厩舎)が入った。なお、2番人気パラシュラーマ(牡4、栗東・浜田多実雄厩舎)は4着に、3番人気チェイスザドリーム(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)は6着に終わった。

 勝ったスズカコテキタイは、父ディスクリートキャット、母コテキタイ、その父サウスヴィグラスという血統。昨年3月の千葉S以来となるオープン競走2勝目を飾った。

【勝ち馬プロフィール】
◆スズカコテキタイ(牡5)
騎手:団野大成
厩舎:美浦・奥村武
父:ディスクリートキャット
母:コテキタイ
母父:サウスヴィグラス
馬主:永井啓弍
生産者:グランド牧場

【全着順】
1着 スズカコテキタイ 8人気
2着 タイセイブレイズ 1人気
3着 イスラアネーロ 9人気
4着 パラシュラーマ 2人気
5着 メイショウミツヤス 10人気
6着 チェイスザドリーム 3人気
7着 ゼットレヨン 4人気
8着 オーヴァーネクサス 11人気
9着 ベルダーイメル 5人気
10着 ボイラーハウス 13人気
11着 ヴァガボンド 7人気
12着 メイショウウズマサ 12人気
13着 ヘラルドバローズ 6人気