18日、東京競馬場で行われた第41回フェブラリーステークス(4歳上・GI・ダ1600m)は、好位追走から直線の追い比べを制した藤岡佑介騎手騎乗の11番人気ペプチドナイル(牡6、栗東・武英智厩舎)が、中団から脚を伸ばした5番人気ガイアフォース(牡5、栗東・杉山晴紀厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒7(良)。

 さらにクビ差の3着に13番人気セキフウ(牡5、栗東・武幸四郎厩舎)が入った。なお、1番人気オメガギネス(牡4、美浦・大和田成厩舎)は14着に、2番人気ウィルソンテソーロ(牡5、美浦・小手川準厩舎)は8着に、3番人気ドゥラエレーデ(牡4、栗東・池添学厩舎)は12着に終わった。

 勝ったペプチドナイルは、父キングカメハメハ、母クイーンオリーブ、その父マンハッタンカフェという血統。重賞未勝利、前走の東海Sも6着ということもあって11番人気に甘んじていたが、これを見事覆しGI制覇を果たした。本馬を管理する武英智調教師はこれがJRA・GI初制覇、鞍上の藤岡佑介騎手は2018年NHKマイルC(ケイアイノーテック)以来のJRA・GI2勝目となった。

【フェブラリーS】 1984年に東京競馬場ダート1600mのハンデ戦として行われたGIII「フェブラリーハンデキャップ」が前身。94年にGIIへ格上げされ、レース名が「フェブラリーS」に改称。97年にJRA初のダートGIとなった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ペプチドナイル(牡6)
騎手:藤岡佑介
厩舎:栗東・武英智
父:キングカメハメハ
母:クイーンオリーブ
母父:マンハッタンカフェ
馬主:沼川一彦
生産者:杵臼牧場

【全着順】
1着 ペプチドナイル 11人気
2着 ガイアフォース 5人気
3着 セキフウ 13人気
4着 タガノビューティー 7人気
5着 キングズソード 4人気
6着 レッドルゼル 6人気
7着 ミックファイア 9人気
8着 ウィルソンテソーロ 2人気
9着 ドンフランキー 10人気
10着 アルファマム 12人気
11着 イグナイター 8人気
12着 ドゥラエレーデ 3人気
13着 スピーディキック 15人気
14着 オメガギネス 1人気
15着 カラテ 16人気
16着 シャンパンカラー 14人気