エルトンバローズに注目したい。5連勝とはならなかったが、初めてのGIで見せ場十分と充実一途だ。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■2/25(日) 中山記念(4歳上・GII・中山芝1800m)

 エルトンバローズ(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)は前々走の毎日王冠でGI馬を撃破と目覚ましい成長ぶり。前走マイルCSにしても4着とはいえ、初めてのGIということを考えると悲観する内容ではない。春のGI戦線に向けて視界良好となるレースを期待。鞍上は引き続き西村淳也騎手。

 ヒシイグアス(牡8、美浦・堀宣行厩舎)は過去に熱中症などの体調不良により長期ブランクを余儀なくされたが、それだけに8歳にしてはレース数も多くなく衰えはない。昨年の覇者で連覇と同レース3勝目を狙う。鞍上はR.キング騎手。

 その他、昨年の皐月賞馬でダービー2着、菊花賞3着のソールオリエンス(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)、開幕週の馬場が味方しそうなドーブネ(牡5、武幸四郎厩舎)、GIで善戦したイルーシヴパンサー(牡6、美浦・久保田貴士厩舎)、中距離で重賞2勝のソーヴァリアント(牡6、美浦・大竹正博厩舎)などが虎視眈々と上位を狙う。発走は15時45分。