ウマ娘で知られる藤田晋オーナーが所有するドーブネ(牡5、栗東・武幸四郎厩舎)が、中山記念(4歳上・GII・芝1800m)で重賞初制覇を狙う。

 ドーブネは父ディープインパクト、母プレミアステップス、母の父Footstepsinthesandの血統。21年の千葉サラブレッドセールにおいて4億7010万円(税抜)、税込では5億円を超える高値で取引された。1億円を優に超える良血馬がズラリと揃っている藤田オーナーの所有馬の中でも、一番の高額馬となる。

 ここまで15戦6勝。オープン昇級後は惜敗が続いていたが、昨秋にポートアイランドS、キャピタルSとリステッドを連勝。一気に軌道に乗った。前走の京都金杯では14着に大敗したが、当時は開幕週らしい典型的な内枠有利のトラックバイアス。7枠15番が堪えたことは間違いなく、参考外の一戦としていい。

 昨年の中山記念は逃げて0秒2差の3着。惜しくも戴冠はならなかったが、当時よりも大幅に力を付けた今なら…。6回目のチャレンジでのタイトル奪取を期待しよう。