M.デムーロ騎手が中山記念(4歳上・GII・芝1800m)のエエヤン(牡4、美浦・伊藤大士厩舎)で18年連続のJRA重賞制覇を狙う。

 M.デムーロ騎手は99年にJRAで初騎乗。01年小倉大賞典のミスズシャルダンでJRA重賞初制覇を果たした。15年からJRA所属となったが、それ以前の07年から17年連続でJRA重賞を制している。

 今年は1月8日の騎乗を終えてから鎖骨を手術するためにイタリアに帰国。主治医の判断で手術は見送りとなり、体のケアを終えてから1月末に来日。2月3日からレースに復帰した。先週18日の京都5R・3歳未勝利をシルバーカレッジで制し、待望の今年初勝利。さらには10R・斑鳩Sもディオで制し、勢いに乗りつつある。

 中山記念のエエヤンは伏兵評価だが、中山でニュージーランドTを制するなど3戦3勝の舞台巧者だ。何より勢いに乗ると手を付けられないのがM.デムーロ騎手の持ち味。一気に18年連続のJRA重賞制覇を達成しても決して不思議ない。