一昨年の皐月賞馬のジオグリフ(牡5、美浦・木村哲也厩舎)が、戸崎圭太騎手との新コンビで中山記念(4歳上・GII・芝1800m)に挑む。

 ジオグリフは父ドレフォン、母アロマティコ、母の父キングカメハメハという血統。ここまで13戦3勝。デビュー2連勝で札幌2歳Sを制覇。朝日杯FSは5着、共同通信杯は2着だったが、皐月賞ではイクイノックスやドウデュースを下し、GI初制覇を果たした。昨年はダート中心のローテーションが組まれ、サウジCの4着が最高着順となっている。

 明け5歳となり、心機一転で迎える一戦。3戦ぶりの芝、それも皐月賞を制して以来の中山となる点はプラス材料だろう。戸崎騎手とは初コンビになるが、リアルインパクトやストレイトガール、ソングラインを初騎乗でGI制覇に導いており、心配はいらないだろう。意外にも初めてとなるGII戦で、待望の復活勝利といきたい。