本記事ではnetkeibaオリジナルAIが推奨する本命候補3頭を特筆すべき過去の傾向とともにご紹介します。

 今週の重賞競走は日曜日に中山記念(GII)と阪急杯(GIII)が行われます。その中から中山競馬場で行われる中山記念を取り上げます。まずは過去の傾向から。

 過去10年の中山記念における、前走クラス別成績を見ていきます。過去10年の中山記念では前走で重賞に出走していた馬が10勝2着9回3着8回と結果を残しています。その中でも前走でGI出走馬が7勝2着4回3着4回と良績が集中しています。

 中山記念は国内外のGIを見据える実力馬が前哨戦として出走してくる事もあり、レベルの高いメンバーで争われる事が度々あります。ハイレベルなメンバー相手に結果を残すには、それなりの実績が必要不可欠です。前走でGIに出走している馬は、大舞台に出走出来るだけの実績を持っていると言えます。また、GIはレースレベルも高くなりますので、前走で強豪相手に走った経験というのも活きてくるのではないでしょうか。

 続いては、過去10年の中山記念での前走着順別成績です。過去10年の中山記念では前走5着以内の馬が8勝2着7回3着8回と好成績。前走で安定した走りを見せている好調馬が、そのままの勢いで好走していると考えられます。

 一方、前走で6着以下だった馬(前走取り消した馬も含む)は2勝2着3回3着2回と7頭が巻き返しに成功しています。この7頭の内、前走がGIだった馬が5頭。GIはハイレベルなメンバーが集まる一戦ですので大敗も致し方なしで参考外と言えます。

 残る2頭は15年のロゴタイプと20年のソウルスターリング。前者は前走GIIIで8着、後者は前走GIIで取り消しとなっています。この2頭に共通するのはGI勝ちの実績のある実力馬だった事です。前走がGI以外で6着以下だった馬に関しては、それまでのGIでの実績に注目してみるといいかもしれません。

 それでは早速ですが、今週の中山記念でAIから導き出された月曜日時点での本命候補3頭をご紹介します。

◆中山芝1800mの適性十分

エルトンバローズ

 前走のマイルCS(GI)で4着。馬券圏内まであと一歩という結果でしたが、初めてのGI出走で掲示板を確保したのですから大健闘と言えます。しかも、この時のエルトンバローズは3歳。歴戦の古馬を相手にした結果ですから、能力の高さを十分に示す内容だったとも言えます。

 昨年はラジオNIKKEI賞(GIII)と毎日王冠(GII)を制するなど活躍。この2レースはどちらも今回の中山記念と同じ芝1800m。特に毎日王冠ではシュネルマイスターやソングラインなどの実力馬が出走する中で勝利を収めていますし、芝1800mに高い適性を感じさせます。今回は前走のマイルCSや昨年の毎日王冠に比べると相手関係は楽になった印象ですし、力通りに走れば自ずと結果はついてくるのではないでしょうか。

ヒシイグアス

 昨年の中山記念では長期休み明けでの出走となりましたが、道中中団後方から上がり最速の脚を繰り出し見事1着。国内外のGIで連対しているその実力を遺憾なく発揮。今年は順調に使われており、昨年よりも臨戦過程は上である事を考えれば、今回も好走する可能性は高いと言えそうです。

 今年で8歳となるベテランですが年齢の割にキャリアは20戦と少ないですし、前走の香港C(G1)でも3着と好走していますので能力的な衰えは感じられません。その香港Cではロマンチックウォリアーやルクセンブルクといった世界の強豪相手に僅差の競馬をしていますし、今回のGIIならば能力や実績は上。昨年好走している舞台でもありますし上位争いに期待が出来そうです。

イルーシヴパンサー

 2走前の富士S(GII)4着、前走マイルCSで6着。馬券圏内には届いていませんが、レベルの高いメンバーを相手に大崩れせず走れている点は評価していいのではないでしょうか。特に前走のマイルCSではエルトンバローズと差のない競馬をしていますし、実力的に大きな差は感じられません。

 昨年の中山記念では8着と大敗していますが、直線では前にスペースがなく進路を内へ切り替えるロスがありましたし、そこから更に前が詰まる不利もありましたので参考外と言えます。道中は先団につけてスムーズに走れていましたし、不利さえなければ際どい競馬になっていたはずです。今回の条件に不安はありませんし、十分に通用する能力も持っています。人気はないかもしれませんが決して侮れない1頭と言えるかもしれません。

 今回は以上となりますが、枠順確定後の週末版では枠番や調教時計、天候などが加味されます。現時点で浮上しなかった馬が急上昇する事もありますので、そちらも楽しみにお待ちください!


AI予想を見る