レモンポップ(牡6、美浦・田中博康厩舎)とウシュバテソーロ(牡7、美浦・高木登厩舎)が、サウジカップ(4歳上・沙G1・ダ1800m)で初対決する。

 昨年の最優秀ダートホースはJRA賞各部門の中で最も注目を集めた。というのも、2頭の超大物で票が分かれることが予想されたからだ。レモンポップはフェブラリーS、南部杯、チャンピオンズCと国内でGIとJpn1を計3勝。一方のウシュバテソーロはドバイWCを制覇。日本馬では11年にヴィクトワールピサが制しているが、ダート開催に限れば史上初の快挙だった。さらに国内では川崎記念、東京大賞典を制覇。JRAでは一度も走ることがなかったが、世界のダート競馬で中心的存在だった。そして結果は投票総数295票のうち、166票を獲得したレモンポップに軍配。ウシュバテソーロは126票で次点だった。

 そんな2頭が中東の地・ドバイで初対決する。レモンポップは通算成績14戦10勝、2着3回。ほぼパーフェクトといえる足跡だが、唯一連対を外し、10着に沈んだのが昨年のドバイゴールデンシャヒーンだった。今回は当時以来2回目となる海外遠征。かつてない強敵との対戦となるが、悔しさを晴らす場としたい。もちろん、海外での知名度で勝るウシュバテソーロも負けてはいられない。勝てば史上初となるドバイWCとサウジCのダブル制覇。昨年のBCクラシック覇者ホワイトアバリオへの雪辱も果たしたいところだ。

 注目のスタートは日本時間25日の深夜になるが、眠い目をこすりながらでも生観戦する価値は間違いなくある。