昨年のコリアCを制したクラウンプライド(牡5、栗東・新谷功一厩舎)が、サウジカップ(4歳上・沙G1・ダ1800m)でG1初制覇を狙う。

 クラウンプライドは父リーチザクラウン、母エミーズプライド、母の父キングカメハメハという血統。09年のきさらぎ賞、10年のマイラーズCを制した父の代表産駒となる。また、祖母のエミーズスマイルは船橋所属で07年のアネモネSを制し、桜花賞にも出走した。

 ここまで13戦4勝。早くから積極的に海外に遠征し、力を付けてきた。一昨年のUAEダービーで重賞初制覇。その後はケンタッキーダービーにも参戦した。昨年はサウジC、ドバイWCと2戦連続で5着。秋には韓国に向かい、コリアCで2つ目の重賞タイトルを手にした。もちろん、国内でも実績は十分。一昨年のJBCクラシックとチャンピオンズC、昨年の帝王賞と、GIとJpn1の2着が計3回で日本が世界に誇るダート馬の1頭だ。

 今回は主戦の川田将雅騎手がウシュバテソーロに騎乗するため、J.モレイラ騎手との初コンビとなる。モーリスやサトノクラウン、グローリーヴェイズにネオリアリズム。幾多の日本馬で海外のG1を、それも初騎乗で制してきた優勝請負人の存在は心強い限り。今度こそ悲願のビッグタイトル獲得を期待したい。