元厩務員の経歴を持つ敏腕記者・スポーツニッポン田井秀一氏が19日、netkeibaTV『前走から一変! 好調馬体チョイス』に出演。25日(日)に中山競馬場で行われる中山記念(4歳上・GII・芝1800m)出走馬の中から、馬体・状態が大きく変わってきた好走期待馬について解説した。

 田井氏はソールオリエンスやヒシイグアスを差し置いて、レッドモンレーヴ(牡5、美浦・蛯名正義厩舎)を「番組タイトルの『前走から一変』にふさわしい馬体写真」と絶賛。ダイナカール牝系の成長力をカギに挙げ、「昨秋の立ち姿と横に並べれば言葉は要らない」「メリハリがまったく違う。筋肉だけを見たら同じ馬だと到底思えない」などと褒めちぎった。

 また、気難しさにも成長が見られるという。これまでさまざまなコースで追い切るなど、馬が飽きない工夫を凝らしていたが、「これだけフィジカルが好調ならメンタルもおのずと前向きになる」「昨秋よりやる気が満ちた表情に見えるのも偶然ではない」と解説。昨年も一線級と差のない競馬を見せていたこともあり、「今年のマイル路線はこの馬が中心になる可能性も十分にある」と期待を込めた。



【関連記事】