ウマ娘で知られる藤田晋オーナーが、サウジダービー(3歳・沙G3・ダ1600m)のフォーエバーヤング(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)で海外初勝利を狙う。

 藤田オーナーは21年に馬主デビュー。これまでJRAで266戦45勝。22年のニュージーランドTをジャングロで制し、早々と重賞初制覇を果たした。そして高額馬がズラリと揃った現3歳はヴィンテージイヤーだ。京都2歳Sを制したシンエンペラーは牡馬クラシックの中心的存在。サウジアラビアRCで2着だったボンドガールは、桜花賞候補と目されている。そしてダート路線のエースがフォーエバーヤング。父リアルスティール、母フォエヴァーダーリング、母の父Congratsの血統。母は米G2サンタイネスSの覇者で、近親にはゼンノロブロイがいる良血馬だ。

 ここまで3戦3勝。新馬、JBC2歳優駿とデビュー2連勝で重賞初制覇。続く全日本2歳優駿では過去2戦よりも前の番手から運び、3角で押し出されるように先頭へ。その後は後続を突き放す一方で、2着のイーグルノワールに7馬身差の大楽勝を収めた。まさに国内の同世代に敵なし。世界を目指すにふさわしいポテンシャルの持ち主であることは間違いない。

 この春はサウジダービーからUAEダービーに向かう予定。この2戦の結果次第では米国遠征のプランもあるが、まずは今回に全力投球となる。藤田オーナーの海外初勝利がかかる一戦。昨年のこのレースはフロムダスクで悔しい9着だったが、今年こそ。中東の地で歓喜の瞬間が訪れることを願いたい。