昨年の毎日王冠を制したエルトンバローズ(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)が、中山記念(4歳上・GII・芝1800m)で重賞3勝目を狙う。

 エルトンバローズは父ディープブリランテ、母ショウナンカラット、母の父ブライアンズタイムの血統。祖母ニュースヴァリューの半姉ベガは93年の桜花賞とオークスの覇者。近親にはアドマイヤベガ、アドマイヤドン、ハープスターなどの活躍馬が並ぶ。

 ここまで9戦4勝。デビューから4戦で2着3回と惜敗続きだったが、昨年4月の3歳未勝利で5戦目にして初勝利。すると、そこから3歳1勝クラス、ラジオNIKKEI賞、毎日王冠と破竹の4連勝を決めた。GI初挑戦となったマイルCSで連勝はストップしたが、中団追走から渋太く脚を伸ばして0秒2差の4着。力を再確認させる内容だったことは間違いない。

 今回は初の中山となるが、1800mはラジオNIKKEI賞と毎日王冠を制するなど、5戦2勝、2着3回のベストディスタンス。条件は文句なしだ。ここを勝利で飾り、春の大舞台でのビッグタイトル獲得へ向け勢いをつけたい。