今週の武豊騎手は土曜が阪神で5鞍、日曜が中山で6鞍の計11鞍に騎乗する。

 日曜中山11Rの中山記念(4歳上・GII・芝1800m)ではソーヴァリアント(牡6、美浦・大竹正博厩舎)に騎乗する。21年と22年のチャレンジCの覇者。前走のマイルCSでは12着に崩れたが、3走前の札幌記念、前々走の富士Sと連続3着の実績から見て、このメンバーなら十分にチャンスがある。武豊騎手はテン乗りだが、自身が騎乗して先週の京都牝馬Sを制したソーダズリングの半兄なので手は合いそう。98年のサイレンススズカ、04年のサクラプレジデントに続く、中山記念の20年ぶり3勝目を期待したい。

 また、土曜阪神11Rの仁川ステークス(4歳上・リステッド・ダ2000m)ではアイコンテーラー(牝6、栗東・河内洋厩舎)とコンビを組む。昨年のJBCレディスクラシックの覇者。こちらも初騎乗となるが、地力上位なので好勝負になりそうだ。

■今週の騎乗馬
24日(土)
阪神5R・シュガークン
阪神7R・スイープアワーズ
阪神9R・ジンセイ
阪神10R・ジュタロウ
阪神11R・アイコンテーラー

25日(日)
中山3R・メイショウソムリエ
中山4R・コーカサスゴールド
中山9R・グランカンタンテ
中山10R・サザンエルフ
中山11R・ソーヴァリアント
中山12R・スマートアイ