24日、中山競馬場で行われた水仙賞(3歳・1勝クラス・芝2200m)は、道中は2番手を追走し、4コーナーで先頭に立って押し切った石川裕紀人騎手騎乗の2番人気クリスマスパレード(牝3、美浦・加藤士津八厩舎)が、後ろから追いあげた4番人気マイネルフランツ(牡3、美浦・和田正一郎厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分14秒3(稍重)。

 さらに3馬身差の3着に3番人気リアレスト(牡3、美浦・尾関知人厩舎)が入った。なお、1番人気ターコイズフリンジ(牡3、美浦・田中博康厩舎)は4着に終わった。

 勝ったクリスマスパレードは、父キタサンブラック、母ミスエリカ、その父Blameという血統。昨年12月の新馬戦に続く無傷の2連勝を飾った。

【勝ち馬プロフィール】
◆クリスマスパレード(牝3)
騎手:石川裕紀人
厩舎:美浦・加藤士津八
父:キタサンブラック
母:ミスエリカ
母父:Blame
馬主:G1レーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 クリスマスパレード 2人気
2着 マイネルフランツ 4人気
3着 リアレスト 3人気
4着 ターコイズフリンジ 1人気
5着 インペリアルモート 7人気
6着 ドンアレス 5人気
7着 アースイオス 6人気