2月25日(日)は中山・阪神・小倉の3場開催。25日の天気は中山が曇りのち雨、阪神が雨時々雪、小倉が曇り時々雨の予報となっている。

■中山記念で皐月賞馬ソールオリエンスが始動
 中山11Rは芝1800mの中山記念(GII)。昨年の皐月賞馬ソールオリエンスは、それ以降勝ち切れない競馬が続いたが、結果的に距離が長かったか。距離短縮のここで、持ち前の破壊的な末脚が炸裂するか、注目が集まる。対するは毎日王冠で強敵を破り、マイルCSでも4着と好走したエルトンバローズ、連覇を狙うヒシイグアスなど。

■阪急杯でウインマーベルが重賞連勝を狙う
 阪神11Rは芝1400mの阪急杯(GIII)。ウインマーベルは前走の阪神Cで優勝。ここに入ると実績上位で、前走と同条件だけに負けられないところだろう。対するは条件戦を3連勝してここへ臨むアサカラキング、直線で不利のあったニューイヤーSから巻き返しを期するダノンティンパニーなど。

■下関Sでグランテストの連勝なるか
 小倉11Rは芝1200mの下関S(3勝)。グランテストは3走前に現オープンのバースクライと接戦。前走は休み明けだったが順当に勝ち上がった。ここも突破できるだけの素材だろう。対するは前走が軽ハンデとは言え現級2着のピンクマクフィー、ひと叩きされた小倉巧者のグランレイなど。

■春風Sでアイファーシアトルが4連勝でのオープン入りを狙う
 中山10Rはダート1200mの春風S(3勝)。アイファーシアトルは未勝利から3戦連続で逃げ切り勝ち。ここも逃げ切って4連勝でのオープン入りなるか。対するは休み明けを叩かれたサザンエルフ、休み明けの前走が際どい3着だったマニバドラなど。

■マーガレットSでミルテンベルクが巻き返す
 阪神10Rは芝1200mのマーガレットS(L)。ミルテンベルクはマイルの前走で良いところがなかったが、1200mへ距離が短縮されるここなら巻き返せて良い。対するは一戦ごとの進歩が目覚ましいピューロマジック、前走で2勝目を挙げたビッグドリームなど。

■デイジー賞は混戦模様
 中山9Rは芝1800mのデイジー賞(3歳・1勝)。阪神芝2000mの新馬戦を逃げ切ったザパリスマッチ、安定した末脚が武器のミエノブラボー、若駒S4着のエルフストラック、同条件の新馬戦を勝ったスティックバイミーなどが出走を予定している。

■松籟Sでナイトインロンドンがオープン入りを狙う
 阪神9Rは芝3000mの松籟S(3勝)。ナイトインロンドンは一線級相手には善戦にとどまったが、ここに入ると力上位。得意の長丁場でオープン入りを目指す。対するは2400mで2勝とスタミナ豊富なゴールドプリンセス、開幕馬場が良さそうなタイムオブフライトなど。

■秋山真一郎騎手が引退
 騎手を引退し調教師に転身する秋山真一郎騎手は、本日が最終騎乗。小倉で8鞍に騎乗、メインのダンツイノーバが最終騎乗となる。なお、全レース終了後16時30分ごろから引退式が行われる。

■川島信二騎手がJRAラスト騎乗
 騎手を引退し調教師助手に転身する川島信二騎手は、本日がJRAでの最終騎乗。阪神で4鞍に騎乗、8Rのピジョンブラッドが最終騎乗となる。なお、同騎手は27日の名古屋8Rが最終騎乗となる予定。

■高知競馬で重賞・レジーナディンヴェルノ賞
 高知競馬では重賞・レジーナディンヴェルノ賞が行われ、ジャパンCにも出走したクリノメガミエースなどが出走する。