本記事ではnetkeibaオリジナルAIが推奨する本命候補3頭を特筆すべき過去の傾向とともにご紹介します。

 今週の重賞競走は土曜日にオーシャンS(GIII)とチューリップ賞(GII)、日曜日に弥生賞(GII)が行われます。その中から中山競馬場で行われる弥生賞を取り上げます。まずは過去の傾向から。

 過去10年の弥生賞における前走人気別成績を見ていきます。過去10年の弥生賞では前走5番人気以内の馬が9勝2着8回3着8回と圧倒的な成績を残しています。前走である程度の人気を集められているのは、それに見合う実績があると言えます。今回はGIIでメンバーレベルも高くなりますので、そこで好勝負するためにはそれなりの実績を有している事が求められるのでしょう。

 一方、前走で6番人気以下だった馬は1勝2着2回3着2回。馬券に絡んだ馬は全て前走で重賞に出走していました。オープン特別以下に出走し6番人気以下だった馬は弥生賞で好走していなかった事は覚えておきたいところです。

 続いては、過去10年の弥生賞での前走着順別成績を見ていきます。過去10年の弥生賞では前走4着以内の馬が9勝2着9回3着6回と良績を残しています。前走で大崩れせずに走れている近況好調馬がその勢いのままに好走していると言えます。

 一方、前走5着以下だった馬は1勝2着1回3着4回と6頭が馬券圏内に好走しています。この6頭は全て前走で重賞に出走。その内の5頭がGIからの参戦。残る1頭は前走GIIIで5着となっていましたので、前走5着以下だった馬に関しては、前走のレース格をしっかりとチェックしたいところです。

 それでは早速ですが、今週の弥生賞でAIから導き出された月曜日時点での本命候補3頭をご紹介します。

◆コース経験十分な本命候補

シンエンペラー

 前走のホープフルS(GI)では直線で一旦は完全に抜け出し勝ちパターンかと思われましたが、ゴール前で勝ち馬の強襲に合い2着。負けはしましたが、ハイレベルなメンバーが揃ったGIで連対したのは十分な評価を与えられます。2走前の京都2歳S(GIII)では京成杯(GIII)勝ち馬のダノンデサイル、札幌2歳S(GIII)で上位入線したギャンブルルームやパワーホールを負かして重賞初制覇を飾っており、その能力は世代屈指のレベルにあると言えます。

 前走で今回と同じ舞台を経験している事は強みと言えますし、そこで結果を残しているのも頼もしいかぎりです。前回に比べればメンバーレベルも相手関係も楽になっている印象ですし、力を出し切れれば自ずと上位争いに絡んでいるはずです。

トロヴァトーレ

 デビューから2戦2勝。どちらも中山芝2000mを使われており、今回の舞台での経験が豊富な本馬。特に強さを見せたのが前走の葉牡丹賞(1勝クラス)。このレースでは中団からの競馬。道中は馬群の中を追走。直線では前にスペースがなく進路を切り替えるロスはあったものの、残り200mあたりから一気に加速し2着に2馬身差をつけて快勝。

 仕掛けてからの瞬く間に先頭へと躍り出ましたし、直線での伸び脚はモノが違うと思えるほど。今回は重賞初挑戦となりますが、前走の内容からこのメンバーに入っても十分に通用する能力は備えているように思えます。コース経験も十分ですし好勝負になっても何ら不思議はない1頭と言えるのではないでしょうか。

コスモキュランダ

 ここ2走はスタートで立ち遅れて後方からの競馬。それでも前走の1勝クラスでは2着と連対を確保。ゴール前での脚色は勝ち馬を凌ぐほどでしたし、負けはしたものの見せ場十分の内容ではありました。

 本馬はこれまで中山芝2000mに3度出走しており、今回の舞台での経験は豊富。また、本馬の父アルアインは皐月賞(GI)を勝利していますし、中山芝2000mへの適性は高そうです。重賞では目立った成績を残せていませんが、今回は経験豊富な舞台での一戦ですし、コース経験を活かせれば好走も可能ではないでしょうか。人気薄での出走となりそうですが、決して侮れない1頭と言えそうです。

 今回は以上となりますが、枠順確定後の週末版では枠番や調教時計、天候などが加味されます。現時点で浮上しなかった馬が急上昇する事もありますので、そちらも楽しみにお待ちください!


AI予想を見る