父に待望の初タイトルを届けるか。レイデオロ産駒のトロヴァトーレ(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)が、弥生賞ディープインパクト記念(3歳・GII・芝2000m)で重賞初制覇を目指す。

 トロヴァトーレは父レイデオロ、母シャルマント、母の父エンパイアメーカーという血統。母は未出走だが、伯母のディアドラは17年の秋華賞と19年のナッソーS覇者。叔父のフリームファクシは昨年のきさらぎ賞を制している。曾祖母は名繁殖牝馬のソニンクでロジユニヴァースやソングライン、ランフォルセやノーザンリバーなどの活躍馬と同牝系にあたる。

 ここまで2戦2勝。今回と同じ中山芝2000mを続けて使われてきた。昨年9月の新馬戦は4番手から抜け出して快勝。続く葉牡丹賞は中団で運び、直線では一枚上の決め手を発揮しての楽勝だった。上がり3Fはメンバー中最速の33.9秒を記録しかなりの瞬発力の持ち主といえる。

 17年の日本ダービー馬のレイデオロは、現3歳がファーストクロップ。昨夏の産駒デビュー当初は勝ち星が伸びなかったが、中距離戦が増えるにつれて、徐々に頭角を現してきた。先週はサンライズアースがすみれSを制し、初のリステッド勝ち馬に。クラシックに駒を進める馬も出てきそうな勢いだ。これまでJRA重賞には2頭が挑戦しており、今回は大いにチャンスがある。トロヴァトーレには「レイデオロから遂に大物登場!」と思わせる走りを期待したい。