21年のJBCスプリントを制したレッドルゼル(牡8、栗東・安田隆行厩舎)が28日、JRAの競走馬登録を抹消された。今後は北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬になる予定。同日、JRAがホームページで発表した。

 レッドルゼルは父ロードカナロア、母フレンチノワール、母の父フレンチデピュティの血統。

 本馬は18年9月に阪神競馬場でデビュー。ダートに転じた2戦目で初勝利を挙げると、以降もダートを主戦場に勝ち星を積み重ね、明け4歳の2月にオープン入りを果たす。4月にはコーラルSでリステッド初勝利、翌年の根岸Sで初の重賞タイトルを獲得した。その後はフェブラリーS、ドバイGSとGIの舞台で活躍し、秋には金沢で行われたJBCスプリントでJpnI初制覇を飾った。6歳以降も東京盃で3つ目のタイトルを獲得、フェブラリーSには4年連続出走と8歳までダート短距離路線の一線級で活躍した。通算成績は27戦9勝(うち重賞3勝)。

(JRAのホームページより)