【細江純子=コラム『ホソジュンの幸せ馬房』】

◆弥生賞の注目馬たち

 先週の阪急杯、このコラムで挙げた3頭のウインマーベル・アサカラキング・サトノレーヴが1・2・4着という結果に。

 実はこの原稿の入稿は金曜日の10時とあって枠が決まる前。

 枠がでた瞬間、ウインマーベルの1枠1番が気になり本命をスマートクラージュに変更してしまいましたが、結果、終わってみれば奇数枠に関係なく好スタートをきってのレースを見せての重賞2連勝。

 しかも重馬場で。

 この2戦はゲートが安定していますし、馬場を考えても価値ある勝利。GIに向けて可能性が広がる内容でした。

 一方、スマートクラージュにおいては、最後の止まり方を見ると1200mの方が良さそうなのに加えて、開幕週というよりは外差し傾向の馬場で前半は脚をためる形の方が向いているようにも思えました。

 また2着に敗れはしましたが、力のある内容に映ったのがアサカラキング。ペースやローテ、相手を考えても素晴らしい走り。

 そして久々に加え大型馬という点、また戦歴の浅さから今後の可能性を感じたのがサトノレーヴ。まだまだ強くなりそうです。

 一方、中山で行われた中山記念は、ベテラン横山典弘騎手の手腕が光る内容でしたね。

 4着に敗れたソールオリエンスにおいては、最後は脚を使っており能力を感じるものの、前半部分に加え勝負所での反応という意味で、厳しさがでてしまっていると感じました。

 さぁ今週から新たなジョッキーの誕生となります。毎年、思うことなのですが、デビュー時に大事なのは経験値。少しでも多く、騎乗依頼があることを願うばかりです。

 さて今週は皐月賞に向けての戦い弥生賞となります。

 現時点での注目は、ルメール騎手のトロヴァトーレ。この2走、特に前走での走りは若駒とは思えない俊敏性を感じる走り。魅了されます。

 また、初の右回りと1ハロン延長、走法から広いコース向きの印象もありますが、能力は高いと感じるダノンエアズロック。

 同じく荒削りではありますがポテンシャルに惹かれるシンエンペラー。

 そして今回の穴馬的存在は、先行しそうな2頭ニシノフィアンスとシュバルツクーゲル。

 このレース、だいたいスローになりやすい傾向ですし、ニシノフィアンスにおいては鞍上が今回、内田騎手になることから積極的な競馬をしそうな気がします。

 展開的な面を踏まえて、馬券に入れておきたい馬です。

 それでは皆さん、日曜日午後3時はフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

(文=細江純子)



【関連記事】