17日、中山競馬場で行われた第73回スプリングステークス(3歳・牡牝・GII・芝1800m)は、道中は3番手を追走、直線で難なく先頭に立って後続を突き放したC.ルメール騎手騎乗の1番人気シックスペンス(牡3、美浦・国枝栄厩舎)が、逃げ粘った9番人気アレグロブリランテ(牡3、美浦・上原佑紀厩舎)に3.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒4(良)。

 さらに1馬身差の3着に4番人気ルカランフィースト(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)が入った。なお、2番人気ウォーターリヒト(牡3、栗東・河内洋厩舎)は9着に、3番人気ジュンゴールド(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は10着に終わった。

 勝ったシックスペンスは、父キズナ、母フィンレイズラッキーチャーム、その父Twirling Candyという血統。新馬戦、ひいらぎ賞に続く無傷の3連勝で重賞初制覇を果たした。また、本馬及び2着のアレグロブリランテ、3着のルカランフィーストは皐月賞の優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
◆シックスペンス(牡3)
騎手:C.ルメール
厩舎:美浦・国枝栄
父:キズナ
母:フィンレイズラッキーチャーム
母父:Twirling Candy
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 シックスペンス 1人気
2着 アレグロブリランテ 9人気
3着 ルカランフィースト 4人気
4着 チャンネルトンネル 6人気
4着 コスモブッドレア 7人気
6着 スティンガーグラス 8人気
7着 ペッレグリーニ 5人気
8着 ログラール 10人気
9着 ウォーターリヒト 2人気
10着 ジュンゴールド 3人気