【文・構成:伊吹雅也(競馬評論家)=コラム『究極のAI予想!』】

 netkeibaにある膨大な競走成績を人工知能によって機械学習するAiエスケープを開発したAIマスター・Mと、レースデータの分析を専門とする競馬評論家・伊吹雅也による今週末のメインレース展望。コンピュータの“脳”が導き出した注目馬の期待度を、人間の“脳”がさまざまな角度からチェックする。

(文・構成=伊吹雅也)

◆超人気薄の伏兵がたびたび高額配当決着を演出している

AIマスターM(以下、M) 先週はスプリングSが行われ、単勝オッズ2.9倍(1番人気)のシックスペンスが優勝を果たしました。

伊吹 完勝と言って良いでしょう。素晴らしいスタートを決めて先行争いに加わり、行きたい馬を先に行かせる形で単独3番手のポジションを確保。前を走っていたアレグロブリランテ(2着)とコスモブッドレア(5着)に4コーナーで並びかけ、残り200m地点の手前で早くもかわし切っています。その後も脚色はまったく衰えず、結局アレグロブリランテに3馬身1/2の差をつけて入線。終始好位でレースを進めていたうえ、上がり3ハロンタイム(33秒3)も出走メンバー中単独トップだったわけですから、他の馬はなす術がありませんよね。まったく危なげのない展開に持ち込んだC.ルメール騎手も、鞍上の指示に従って最高のパフォーマンスを見せたシックスペンスも、本当にお見事です。

M シックスペンスはデビューから3戦3勝で重賞初制覇。これまでは1600mのレースしか使っておらず、距離適性を不安視する向きもありましたが、まったくの杞憂でしたね。

伊吹 C.ルメール騎手がレース後に「距離は延ばしても問題ないだろう」という趣旨のコメントをしていましたし、少なくとも2000mくらいまでは心配しなくて良いと思います。ただし、母のフィンレイズラッキーチャームは現役時代にダート短距離のレースを主戦場としていた馬。マディソンS(米G1)で優勝を果たすなど、ポテンシャルの高さは証明済みですが、産駒の距離適性に関してはまだ何とも言えません。シックスペンスについても、1マイル前後がベストである可能性をもうしばらく意識しておくべきでしょう。

M 次走は状態を見ながら検討するとのこと。ただ、やはり優先出走権を獲得した皐月賞が最有力候補となるはずです。

伊吹 出走してくればかなりの注目を集めることになりそうですし、私自身もどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみにしていますが、馬券的には難しい存在となりそう。1戦目と2戦目、2戦目と3戦目の間にそれぞれ約3か月の休養を挟んでいましたから、中3週での参戦となる点も少々気になります。他馬との比較をじっくり行ったうえで、買い目上の位置付けを慎重に判断しましょう。

M 今週の日曜中京メインレースは、上半期の最強スプリンター決定戦と位置付けられている今年2つ目のJRAGI、高松宮記念。昨年は単勝オッズ32.3倍(12番人気)のファストフォースが優勝を果たしました。その2023年は3着にも単勝オッズ42.1倍(13番人気)のトゥラヴェスーラが入り、3連単66万8280円の高額配当決着。波乱含みの一戦というイメージを持っている方が多いかもしれません。

伊吹 過去10年の単勝人気順別成績を見ると、単勝3番人気以内の馬は[5-6-5-14](3着内率53.3%)とまずまず。人気の中心となっている馬を無理に嫌う必要はないと思います。

M ただ、3着以内馬30頭のうち9頭は単勝7番人気以下だった馬です。

伊吹 より実態に即した区切り方すると、単勝4〜13番人気の馬は2014年以降[5-4-3-88](3着内率12.0%)、単勝14番人気以下の馬は2014年以降[0-0-2-48](3着内率4.0%)となっていました。単勝5番人気前後の馬も単勝10番人気前後の馬も好走率があまり変わらなかったうえ、単勝万馬券クラスの超人気薄がたびたび上位に食い込んでいるレースですから、思い切った穴狙いで臨むのもひとつの手でしょう。

M そんな高松宮記念でAiエスケープが指名した特別登録時点の注目馬は、ディヴィーナです。

伊吹 話の流れ的にちょうど良い塩梅の馬を挙げてきましたね。実績馬ですが、上位人気グループの一角を占めるということはなさそう。

M ディヴィーナは6歳牝馬で、このレースがラストランとのこと。前走の香港マイルでは11着に敗れてしまったものの、3走前の府中牝馬Sで重賞初制覇を果たしたばかりですし、2走前のエリザベス女王杯でも勝ったブレイディヴェーグから0.4秒差の7着に健闘しています。もっとも、1400m未満のレースを使うのは今回が初めて。魅力を感じている方も少なくないと思いますが、懐疑的に見ている方はそれ以上に多いかもしれません。

伊吹 昨春のヴィクトリアマイルでは、勝ち馬のソングラインと0.2秒差、3着のスターズオンアースとは1馬身差の4着に食い込みました。能力の高さは十分に証明していますから、あとはこの距離やこのレースが合うかどうかだけ。Aiエスケープは「合う」と見ているようですが、別の角度からもこの馬の好走確率を見積もってみましょう。

M 真っ先に注目しておくべきポイントはどのあたりですか?

伊吹 前年か同年に格の高いレースで連対を果たしている馬は比較的堅実。“前年以降の、JRAの、GI・GIIのレース”において2着以内となった経験がある馬は2020年以降[3-3-2-20](3着内率28.6%)でした。一方、この経験がなかった馬のうち、“前年以降の、JRAの、左回りの、出走頭数が18頭の、重賞のレース”において4着以内となった経験もなかった馬はあまり上位に食い込めていません。

M 格の高いレースで連対を果たしていない馬に関しては、今回と同じ左回り、かつ多頭数の重賞における実績をチェックしておくべし──ということでしょうか。

伊吹 おっしゃる通り。もっと単純に、実績上位の馬、もしくはコース適性や多頭数適性が高そうな馬を狙うべし──という言い方もできます。

M 先程も触れた通り、ディヴィーナは昨秋にGIIの府中牝馬Sを勝っている馬。この点は強調材料のひとつと言えそうです。

伊吹 あとは直近のパフォーマンスも素直に評価したいところ。同じく2020年以降の3着以内馬12頭中10頭は、前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.2秒以内でした。

M 大敗直後の馬は強調できませんね。

伊吹 大波乱決着となった2023年も1〜3着馬はそれぞれこの条件をクリアしていましたし、基本的に前走好走馬が強いレースと言えます。

M ディヴィーナは前走の香港マイルで勝ち馬から1.1秒差の11着に敗退。この条件に引っ掛かってしまっている点は重く見るべきでしょう。

伊吹 さらに、近年は前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークした馬が優勢。同じく2020年以降の3着以内馬12頭中7頭は、前走のコースがJRA、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以内でした。

M 先行力の高さよりも、末脚を重視したいところですね。

伊吹 なお、前走のコースがJRA、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が3位以下だったにもかかわらず3着以内となった4頭のうち3頭は、前走のコースが京都・阪神、かつ前走の出走頭数が18頭だった馬。今年は前走で出走メンバー中2位以内の上がり3ハロンタイムをマークした馬があまりいないので、前走がシルクロードS・京都牝馬S・阪急杯だった馬を高く評価するべきでしょう。

M ディヴィーナは前走が14頭立ての香港マイル。イレギュラーな臨戦過程なので、何とも言えないような気もしますが……。

伊吹 ただ、その前走も終盤で伸びを欠いていたわけですから、度外視するわけにはいきませんよね。Aiエスケープが有力視しているとはいえ、残念ながらレースの傾向からは強調しづらい一頭。妙味あるオッズがついていない場合は、取捨を慎重に判断したいところです。



【関連記事】