勝手知ったる馬で、得意のレースに参戦だ。横山典弘騎手がマテンロウレオ(牡5、栗東・昆貢厩舎)で、日経賞(4歳上・GII・芝2500m)の4年ぶり6勝目を狙う。

 横山典弘騎手はこれまで日経賞に29回参戦。92年に「盟友」メジロライアンで初制覇。その後も95年にインターライナー、97年にローゼンカバリー、99年にセイウンスカイ、06年にリンカーン、20年にミッキースワローで制し、史上最多の6勝を挙げている。

 今年のパートナーはマテンロウレオだ。過去17戦のうち、15戦で騎乗。一昨年にはきさらぎ賞を制し、皐月賞(12着)や日本ダービー(13着)にも出走した。昨春以降は馬券圏外が続くが、大阪杯で4着、天皇賞(春)で5着に健闘。前々走の中山金杯では度重なる不利がありながら0秒4差の7着だから、決して衰えはない。成長力のあるハーツクライ産駒なので、今年がピークの可能性まであるだろう。

 2月に56歳となった東のレジェンドは、中山の重賞で史上最多の79勝を挙げている。今年も京成杯をダノンデサイル、中山記念をマテンロウスカイで制するなど絶好調。ここでもパートナーを復活勝利に導いてほしい。