大井競馬場で3月20日(水)に行われる京浜盃(3歳・JpnII・ダ1700m)。今年からダートグレード競走に格上げされたレースで、ダート三冠に向けた最重要ステップとなる。JRAでいえばスプリングSや弥生賞と性格が近い。

 5着以内に入ったJRA所属馬の上位2頭、および地方所属馬の上位2頭に一冠目となる羽田盃への優先出走権が与えられる。羽田につながるレールを駆け抜け、直行切符を手に入れるのはどの馬か。発走予定日時は20日(水)の20時10分。主な出走馬は以下の通り。

■アンモシエラ(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)

 デビュー4戦目に待望の初白星を挙げると、続くもちの木賞では先行馬に厳しい流れを2番手から押し切り勝ち。ホープフルSは不慣れな芝競走とあって着順を落としたが、ダートに戻るとブルーバードCで重賞初制覇を飾った。位置取り不問で、展開に左右されない点が魅力。2つ目のタイトルをつかみダート三冠路線の主役に躍り出るか、試金石になる一戦だ。

■サントノーレ(牡3、大井・荒山勝徳厩舎)

 重賞のブリーダーズゴールドジュニアCで3着になるなど、2歳時は門別で3戦2勝の成績を残したほか、川崎の鎌倉記念を制して、全日本2歳優駿でも3着に好走した。その後は大井の荒山厩舎に転厩し、今年初戦の雲取賞ではJRA所属馬に割って入る3着。地方所属馬の中では大将格といえる存在。大井コース2度目で慣れが見込める今回は、前走以上の走りを期待したい。

■ハビレ(牡3、美浦・武井亮厩舎)

 昨年6月の新馬戦でアマンテビアンコの2着に入り、翌月の未勝利戦ですぐさま初勝利。その後は長期休養を挟み、今年2月のヒヤシンスSで3着に好走した。同レースではブルーバードC3着のバロンドール、次走で昇竜Sを制すチカッパらに先着。さらに前走で2勝目をマークし、勢いをつけて駒を進めてきた。長く使える末脚は大井向きで、今回もチャンスあり。

 そのほかにもJRA新馬→大井準重賞と連勝中のマッシャーブルム(牡3、大井・坂井英光厩舎)、小倉のくすのき賞を制したシークレットキー(牡3、栗東・杉山晴紀厩舎)、JBC2歳優駿4着以来のレースとなるパッションクライ(牡3、北海道・山口竜一厩舎)などが出走を予定している。