史上4組目の偉業なるか。ビッグアーサー産駒のトウシンマカオ(牡5、美浦・高柳瑞樹厩舎)とビッグシーザー(牡4、栗東・西園正都厩舎)が、高松宮記念(4歳上・GI・芝1200m)で父系4代JRA・GI制覇に挑む。

 トウシンマカオは父ビッグアーサー、母ユキノマーメイド、母の父スペシャルウィークの血統。一昨年の京阪杯で重賞初制覇。その後は悔しいレースが続いたが、前々走の京阪杯で連覇を達成すると、前走のオーシャンSも不利な外枠を克服しての完勝だった。今まさに充実期。今回はルメール騎手が初騎乗となる点がカギだが、文句なしの有力候補だ。もう1頭のビッグシーザーは父ビッグアーサー、母アンナペレンナ、母の父Tale of Ekatiの血統。重賞こそ未勝利だが、オープン4勝の実力を誇る。前走のオーシャンSでもトウシンマカオから1馬身1/4差の2着に健闘。GIを勝ち切るにはもうワンパンチ欲しい印象もあるが、立ち回り一つで上位争いになっていい。

 これまでに父系4代JRA・GI制覇を達成したのは「曾祖父グラスワンダー、祖父スクリーンヒーロー、父モーリス、仔ピクシーナイト、ジェラルディーナ、ジャックドール」の3組のみ。3代制覇は「祖父メジロアサマ、父メジロティターン、仔メジロマックイーン」「祖父キングカメハメハ、父ロードカナロア、仔アーモンドアイ、サートゥルナーリアなど」など数多くあるが、4代制覇には手が届いていない。トウシンマカオかビッグシーザーが勝てば、16年の覇者であるビッグアーサーとの高松宮記念父仔制覇に加えて、史上4組目の偉業達成となる。日本を代表するスプリント血脈が、再び脚光を浴びることを期待したい。