超良血馬が巻き返しなるか。GI勝ち馬2頭の半弟となるバトルハーデン(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)が、土曜阪神10Rの丹波特別(4歳上・2勝クラス・芝1600m)で3勝目を狙う。

 バトルハーデンは父ドゥラメンテ、母ラヴズオンリーミー、母の父Storm Catの血統。半兄のリアルスティールは16年のドバイターフの覇者。半姉のラヴズオンリーユーは19年のオークス、21年のクイーンエリザベスII世C、BCフィリー&メアターフ、香港Cを制した名牝だ。母系を遡れば曾祖母は名マイラーにして名繁殖牝馬のMiesque。したがって近親にはKingmambo、East Of The Moon、Study of Manなどの錚々たる名馬が並ぶ。

 ここまで6戦2勝。今回と同舞台だった前々走の1勝クラス(阪神芝1600m)で2勝目を挙げた。続く前走の2勝クラス(京都芝1600m)は1番人気で8着に沈んだが、結果的に緩い馬場が堪えた印象。この一戦だけでクラスの壁と判断するのは早計だ。

 今回は真価が問われる一戦。現時点で兄姉と比較するのはかわいそうだが、大型馬らしく伸び代はたっぷりある。まずは目の前のレースをモノにして、今後の飛躍につなげたい。