【細江純子=コラム『ホソジュンの幸せ馬房』】

◆高松宮記念の注目馬

 先週の阪神大賞典、テーオーロイヤル&菱田騎手、素晴らしいレース振りでしたね。

 また2着のワープスピードですが、さすが川田騎手といった騎乗振り。

 ここ数戦、隣枠の馬に寄られるなど、様々な要因から位置取りも厳しくなり、少し脚をあましてしまう競馬が続いていたように思えるところ、道中から踏み遅れないように内を救って追い上げた川田騎手。

 あのシーンに、馬券を購入していたファンはもちろん、陣営においても勝ち負け以上に納得する競馬だったのではないでしょうか。

 さぁ、菱田騎手にとってはGI初制覇に向けて視界が広がる内容だった一戦。

 人馬無事に天皇賞(春)を迎え、喜びの表情を期待したいです。

 さて話は変わり、嬉しいことにレギュラー番組であるフジテレビ「みんなのKEIBA」の夢馬券コーナーで予想&買い目が今年に入ってから調子が良く、プラス収支になりました。

 特にこの2週は穴馬と思った馬の好走があり、ワイド的中で好配当に。

 自他ともに買い方ベタの私ですが、先週の番組終わりに共演者でもあるDAIGOさんが、「JUNKOのワイドですね」と。今週もワイド押さえしようかな…と考えちゃいます。

 さて今週はGI高松宮記念となります。

 香港馬も参戦してとなります。初の左まわりとなる点はポイントとなりますが、短距離における香港馬のレベルは高い点に加え、先行力のあるタイプ。先週の中京を見ていても馬場状態が良さそうなので、個人的には軽視しない方がいいというかチャンスありとも見ています。あとは昨年も本命にしたトウシンマカオに今年も期待したいと思いますが、昨年は前哨戦から意図的にスタート後、抑える形をとっていたように見受けられ、本命にしながらも、その点が不安材料でした。

 それに比べると近走は、前半部分で馬の気持ちに沿うように誘導しており、それが連勝にも繋がっていると思えます。そして鞍上はルメール騎手とあって魅力です。

 また、同じく近走の競馬振りが良いのがウインマーベル。特に前走においては1枠1番と、最もゲート内で待たされる状況の中、きちんとスタートを切れての勝利は価値あるもの。

 二走前あたりから、心身のバランスがとれているように思えます。

 買い目はもう少し考えて結論をだします。

 それでは皆さん、ステキなGI・高松宮記念を。ホソジュンでしたぁ。



【関連記事】