24日、中京競馬場で行われた大寒桜賞(3歳・1勝クラス・芝2200m)は、ハナに立ってレースを進め、直線でも外に持ち出しつつ粘り切った武豊騎手騎乗の1番人気シュガークン(牡3、栗東・清水久詞厩舎)が、最内で脚を伸ばした3番人気オールナット(牡3、栗東・高野友和厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分17秒4(重)。

 さらに1馬身差の3着に8番人気コスモレオナルド(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)が入った。なお、2番人気ガイアメンテ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)は5着に終わった。

 勝ったシュガークンは、父ドゥラメンテ、母シュガーハート、その父サクラバクシンオーという血統。半兄にGI・7勝の顕彰馬キタサンブラックがいる。前走の未勝利戦に続く2連勝を飾った。

【勝ち馬プロフィール】
◆シュガークン(牡3)
騎手:武豊
厩舎:栗東・清水久詞
父:ドゥラメンテ
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
馬主:辻子依旦
生産者:ヤナガワ牧場

【全着順】
1着 シュガークン 1人気
2着 オールナット 3人気
3着 コスモレオナルド 8人気
4着 ジェロニモス 10人気
5着 ガイアメンテ 2人気
6着 リアレスト 9人気
7着 ジャスティンガルフ 5人気
8着 ソウルアンドジャズ 4人気
9着 インテグレイト 7人気
10着 ドゥレイクパセージ 6人気