兄弟タッグで悲願達成なるか。弟・池添学調教師が管理し、兄・池添謙一騎手が騎乗するプラダリア(牡5)が、大阪杯(4歳上、GI、阪神芝2000m)でGI初制覇に挑む。

 プラダリアは父ディープインパクト、母シャッセロール、母の父クロフネという血統。ここまで15戦4勝。そのうち12戦で池添騎手が手綱をとっている。一昨年の青葉賞で重賞初制覇を果たすと、日本ダービーが5着、菊花賞が7着と、クラシック戦線を賑わせた。その後も昨年の京都大賞典、今年の京都記念を勝つなど一線級で活躍。GIには4度挑んでおり、ビッグタイトル獲得が期待される。

 池添学調教師と池添謙一騎手のタッグは、これまでJRAで194戦21勝。重賞はプラダリアで3勝、ヴィクティファルスで1勝しているが、GIでは8戦して19年朝日杯FSのグランレイの3着が最高着順だ。池添騎手は今回、ドンフランキーのドバイゴールデンシャヒーンではなくこちらに参戦。そこに「兄弟V」への強い思いが滲む。

 勝てば84年のグレード制導入後では初となる「騎手&調教師」での兄弟GI制覇。記録にも記憶にも残るレースを期待したい。