昨年の牝馬三冠を制したリバティアイランド(牝4、栗東・中内田充正厩舎)が、ドバイシーマクラシック(北半球産4歳上、南半球産3歳上・首G1・芝2400m)で海外G1初制覇を目指す。

 リバティアイランドは父ドゥラメンテ、母ヤンキーローズ、母の父All Americanの血統。母は豪G1を2勝した名牝。16年の豪G1コックスプレートではWinxの3着だった。

 ここまで7戦5勝。一昨年の阪神JFでGI初制覇。昨年は桜花賞、オークス、秋華賞を制し、史上7頭目となる牝馬3冠を達成した。続くジャパンCはイクイノックスの2着で、スターズオンアースやドウデュース、タイトルホルダーといった年上のGI馬に先着。強さを再認識させる走りだったことは間違いない。

 今回は初の海外遠征。牝馬の勝利となれば、08年のSun Classique、10年のDar Re Mi、14年のジェンティルドンナ、15年のDolniyaに続き、9年ぶり5頭目。3冠牝馬の先輩であるジェンティルドンナと同じく、4歳初戦での偉業を期待したい。