26日、高知競馬場で行われた第26回黒船賞(4歳上・JpnIII・ダ1400m・1着賞金3000万円)は、逃げた川須栄彦騎手騎乗の2番人気シャマル(牡6、栗東・松下武士厩舎)が、好位から脚を伸ばした6番人気ヘルシャフト(牡7、高知・打越勇児厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分27秒6(不良)。

 さらに1/2馬身差の3着に7番人気タイガーインディ(牡7、兵庫・保利良平厩舎)が入った。なお、1番人気サンライズホーク(セ5、栗東・牧浦充徳厩舎)は11着に、3番人気ヘリオス(セ8、栗東・西園正都厩舎)は5着に終わった。

 勝ったシャマルは、父スマートファルコン、母ネイティヴコード、その父アグネスデジタルという血統。さきたま杯の競走中止や、その次のプロキオンSでの除外などリズムを崩していたが、ここで見事復活。逃げ切って連覇を達成し、重賞5勝目を挙げた。

【勝ち馬プロフィール】
◆シャマル(牡6)
騎手:川須栄彦
厩舎:栗東・松下武士
父:スマートファルコン
母:ネイティヴコード
母父:アグネスデジタル
馬主:金山 敏也
生産者:岡田スタツド

【全着順】
1着 シャマル 2人気
2着 ヘルシャフト 6人気
3着 タイガーインディ 7人気
4着 レディフォース 5人気
5着 ヘリオス 3人気
6着 モダスオペランディ 9人気
7着 マルモリスペシャル 4人気
8着 ガルボマンボ 10人気
9着 メルト 8人気
10着 ヒロシゲウェーブ 11人気
11着 サンライズホーク 1人気
12着 ルヴァン 12人気