【合田直弘(海外競馬評論家)=コラム『世界の競馬』】

◆各重賞の注目馬は?

 ドバイワールドCデーの開催が、今週土曜日(30日)に迫っている。

 ここでは、日本で馬券発売のないサラブレッド重賞4競走の見どころをご紹介したい。

 現地16時05分、日本時間の21時05分発走のG2ゴドルフィンマイル(d1600m)。日本調教馬の出走はないが、なかなかの好メンバーが揃った。

 中心となるのは、米国調教馬のサウジクラウン(牡4、父オールウェイズドリーミング)か。G1ペンシルベニアダービー(d9F)を含む重賞2勝馬で、前走G1サウジC(d1800m)でも3着に健闘した。G1BCクラシック(d10F)では10着に敗れており、2000mは守備範囲外との判断から、G1ドバイワールドC(d2000m)ではなく、ここに矛先を向けてきた。

 昨年に続くこのレース連覇を狙うUAE調教馬アイソレート(牡6、父マークヴァレスキ)、同じくUAE調教馬で、スーパーサタデー(3月2日)のG2アルマクトゥームクラシック(d1900m)が2着だったウォークオブスターズ(セン5、父ドバウィ)らが相手候補と見られている。

 現地16時40分、日本時間の21時40分発走のG2ドバイゴールドC(芝3200m)も、興味深い顔触れが揃った。

 実績最上位は、3歳時にG1英セントレジャー(芝14F115y)、4歳時にG1愛セントレジャー(芝14F)を制している英国調教馬エルダーエルダロフ(牡5、父ドバウィ)だ。ここは半年ぶりの実戦で、どこまで仕上がっているかが鍵。

 昨年のこのレースの2着馬で、今年に入ってLRアルハイルトロフィー(芝2810m)、G3ナドアルシバトロフィー(芝2810m)を連勝しての参戦となるシスカニー(セン6、父ドバウィ)。メイダン競馬場ではここまで5戦し、4勝、2着1回と、100%の連対率を誇る。

 昨年秋のG2ブリティッシュチャンピオンズロングディスタンスC(芝15F127y)勝ち馬トローラーマン(セン6、父ゴールデンホーン)、この路線の重賞を3勝している他、昨年のG1ゴールドC(芝19F210y)などG1入着も3度あるコルトレーン(セン7、父マスタークラフツマン)、2月24日にサウジで行われたG3レッドシーターフH(芝3000m)を勝っての参戦となるタワーオブロンドン(牡4、父ガリレオ)らも、好勝負しておかしくはない馬たちだ。

 G3レッドシーターフHではいずれも二桁着順に終ったリビアングラス(牡4、父キズナ)、アイアンバローズ(牡7、父オルフェーヴル)も、それぞれ本来の力を出せば、争覇圏に入ってくる馬たちだろう。

 現地17時15分、日本時間の22時15分発走のG1アルクオーツスプリント(芝1200m)は、もし馬券発売があれば大いに悩んでしまう、難解な一戦。

 ブックメーカー各社が前売り1番人気に推しているのが、ファッションフライデー(1月26日)のG2ブルーポイントスプリント(芝1000m)に勝ち、スーパーサタデー(3月2日)のG3ナドアルシバターフスプリント(芝1000m)が2着だったゴドルフィンのスターオブミステリー(牝3、父コディアック)だ。近走の好調ぶりに加えて、3歳牝馬のため負担重量53.5キロで出走できる強みを買われての人気だ(4歳以上の牡馬・セン馬は負担重量59.5キロ)。

 21年・22年と連覇したG1ジャイプールS(芝6F)を含めてG1・4勝の実績を誇る米国調教馬カサクリード(牡8、父ジミークリード)、今年に入ってオールウェザーの準重賞を連勝しての参戦になる英国調教馬ディリジェントハリー(セン6、父デューディリジェンス)らが相手候補。

 さらにここは、香港からの参戦となるカリフォルニアスパングル(セン6、父スタースパングルドバナー)が、どんな競馬をするかも興味深い。22年のG1香港マイル(芝1600m)を制している同馬。23年の同競走は13着と大敗するなど、23/24年は不本意なシーズンを過ごしていたが、3月10日のG1クイーンズシルヴァージュビリーC(芝1400m)を制して復活。1200m戦を走るのは2年2カ月ぶりとなるが、この距離に対応できれば優勝争いに絡んでおかしくはないはずだ。

 ここでの日本調教馬は、初ダートだった前走G3リヤドダートスプリント(d1200m)で4着と好走したジャスパークローネ(牡5、父フロステッド)。走り慣れた芝に戻るここでは、前走以上の着順が期待される。

 現地17時50分、日本時間の22時50分に発走のG2UAEダービー(d1900m)。

 ほとんどのブックメーカーが2倍を切るオッズを提示している大本命馬が、前走G3サウジダービー(d1600m)を含めて、ここまで4戦無敗の成績を残している日本調教馬フォーエバーヤング(牡3、父リアルスティール)だ。3月15日から17日にかけて米国で発売された、ケンタッキーダービー・フューチャーウェイジャー・プール5でも、個別の馬では3番人気に支持された同馬。ここは勝ってダービーポイント100点を獲得し、出走を確実にした上で、ケンタッキーに乗り込みたいところである。

 最大の敵は、アケダクトの特別ガンダーS(d8F)を5.1/2馬身差で制しての参戦となる米国調教馬パンダゲート(牡3、父アロゲート)か。

 不気味なのは、ウルグアイ最大のレースG1ホセペドロラミレス大賞(d2400m)で2着となっての参戦となるロックウォーク(牡3、父ティーエイチアプルーヴァル)だ。

 フォーエバーヤングだけでなく、バロンドール(牡3、父ニューイヤーズデイ)、ジョージテソーロ(牡3、父ベストウォーリア)、サトノフェニックス(牡3、父ヘニーヒューズ)にも、ここで勝てばケンタッキーへの道が切り拓かれる。

 ドバイワールドCデーの模様は、グリーンチャンネルで、G2ゴドルフィンマイル発走5分前の21時から、G1ドバイワールドC終了後の26時30分まで、5時間30分にわたって生中継されることになっている。

(文=合田直弘)

【関連記事】