27日、浦和競馬場で行われた第70回桜花賞(3歳・重賞・ダ1500m・1着賞金2000万円)は、好位から脚を伸ばした森泰斗騎手騎乗の3番人気プリンセスアリー(牝3、浦和・岡田一男厩舎)が、好位から4角で先頭に並びかけた6番人気パペッティア(牝3、大井・荒山勝徳厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分36秒9(稍重)。

 さらに3/4馬身差の3着に2番人気ミチノアンジュ(牝3、大井・福田真広厩舎)が入った。なお、1番人気ミスカッレーラ(牝3、船橋・川島正一厩舎)は5着に終わった。

 勝ったプリンセスアリーは、父キズナ、母ホワイトフローラ、その父スズカフェニックスという血統。前走のユングフラウ賞4着から巻き返して見事初戴冠。なお、管理する岡田一男調教師は今月末をもって引退することが発表されており、地元最後の重賞競走で4つ目のタイトルをつかんだ。

【勝ち馬プロフィール】
◆プリンセスアリー(牝3)
騎手:森泰斗
厩舎:浦和・岡田一男
父:キズナ
母:ホワイトフローラ
母父:スズカフェニックス
馬主:ライフエンタープライズ
生産者:宮内牧場

【全着順】
1着 プリンセスアリー 3人気
2着 パペッティア 6人気
3着 ミチノアンジュ 2人気
4着 シトラルテミニ 4人気
5着 ミスカッレーラ 1人気
6着 ファーマティアーズ 9人気
7着 クロスレイジング 12人気
8着 トレイルリッジ 7人気
9着 ノースビクトリー 10人気
10着 ミモレフレイバー 8人気
11着 モノノフブラック 5人気
12着 アニモ 11人気