今度こそ負けられない。桜花賞馬マルセリーナの半弟となるマルディランダ(牡4、美浦・金成貴史厩舎)が、土曜中山8Rの4歳上2勝クラス(芝1600m)で3勝目を狙う。

 マルディランダは父イスラボニータ、母マルバイユ、母の父Marjuの血統。母は04年の仏G1アスタルテ賞の勝ち馬。半姉のマルセリーナは11年桜花賞、13年マーメイドSの覇者。半兄のグランデッツァは11年札幌2歳S、12年スプリングS、15年七夕賞と重賞を3勝している。

 ここまで8戦2勝。デビューから3戦連続で2着と惜敗が続いたが、4戦目で初勝利。1勝クラスは2戦で卒業した。現級2戦はともに1番人気に支持されながら4着→2着。ただ、いずれのレースでもしっかりと脚を使えていた。とりわけ前走は後方から外を回し、勝ち馬とはコース取りの差が出ただけのクビ差2着。まさに負けて強しの内容だった。

 スタートや折り合いに課題を抱える現状だが、いずれは上のクラスで戦える器。ここはきっちりと仕留めてほしい。