UAE・ドバイのメイダン競馬場で開催されるドバイワールドカップデー。日本時間の30日(土)21時40分発走のドバイゴールドカップを皮切りに、25時35分発走のドバイワールドCまで、7競走に計22頭の日本馬が参戦する。

 うちドバイゴールデンシャヒーン、ドバイターフ、ドバイシーマクラシック、ドバイワールドカップは日本でも馬券発売が実施される。土曜夜遅くの発走にはなるが、世界のホースマンが注目するビッグイベントから目が離せない。

■純血アラブ種によるG1競走

 日本時間20時30分はドバイカハイラクラシック(5歳上・純血アラブG1・ダ2000m)。中東や欧州ではまだまだ盛んな、アラブ種によるビッグレース。日本馬、日本の騎手の参戦はないが、馬場傾向をつかむためにもぜひチェックしておきたい。

■マイルの頂上決戦

 日本時間21時5分はゴドルフィンマイル(南半球産3歳上、北半球産4歳上・首G2・ダ1600m)。残念ながら今年は日本馬の参戦はないが、サウジC3着のサウジクラウン(Saudi Crown)や、連覇を狙うアイソレート(Isolate)など好メンバーが集った。

■2マイルの長距離戦

 日本時間21時40分はドバイゴールドカップ(南半球産3歳上、北半球産4歳上・首G2・芝3200m)。22年にステイフーリッシュが制した一戦。今年はリビアングラスとアイアンバローズが挑む。ともに前走のレッドシーターフHでは崩れてしまったが、斤量も減って巻き返しなるか。

■芝の電撃6ハロン重賞

 日本時間22時15分はアルクォーツスプリント(3歳上・首G1・芝直1200m)。同時期に高松宮記念があるため、これまで参戦した日本馬は少なく、22年ラウダシオンの9着が最高だ。今年挑むのは世界各国を転戦中のジャスパークローネ。今度こそ悲願のビッグタイトルをつかむか。

■無敗制覇がかかる一戦

 日本時間22時50分はUAEダービー(3歳・首G2・ダ1900m)。日本からは3頭が参戦するが、フォーエバーヤングに注目したい。これまで4戦4勝。海外初挑戦となったサウジダービーでも、追走に苦しみながら、最後はきっちり差し切った。無傷の5連勝で米国遠征へとつなげたい。ほかにもブルーバードC3着のバロンドール、昇竜S2着のジョージテソーロが出走。

■悲願の日本馬初制覇へ

 日本時間23時25分はドバイゴールデンシャヒーン(3歳上・首G1・ダ1200m)。数多くの日本馬がチャレンジしてきたが、勝利した馬はまだいない。今年はNAR年度代表馬のイグナイター、重賞4勝馬リメイク、約600kgの好馬体誇るドンフランキーと、強力布陣でチャレンジ。地元勢と米国からの遠征馬を蹴散らし、今回こそ悲願達成なるか。

■8カ国から強豪集う

 日本時間24時10分はドバイターフ(南半球産3歳上、北半球産4歳上・首G1・芝1800m)。4連覇がかかるロードノース(Lord North)など、計8カ国から強豪が集った。日本馬は4頭。出走取消だった昨年の無念を晴らしたいドウデュース、マイルCS覇者ナミュール、昨年2着のダノンベルーガ、ベテラン横山典騎手が手綱を執るマテンロウスカイが挑む。

■三冠牝馬が世界へ

 日本時間25時ちょうどはドバイシーマクラシック(南半球産3歳上、北半球産4歳上・首G1・芝2410m)。三冠牝馬リバティアイランドをはじめ、有馬記念2着のスターズオンアース、同4着のジャスティンパレス、同5着のシャフリヤールが出走する。対するはディープインパクト産駒のオーギュストロダン(Auguste Rodin)や、香港ヴァーズ覇者ジュンコ(Junko)など。

■史上2頭目の連覇なるか

 日本時間25時35分はドバイワールドカップ(南半球産3歳上、北半球産4歳上・首G1・ダ2000m)。1着賞金約10億円を争う、ダートにおける世界最高峰の舞台。ウシュバテソーロが勝利すれば、レース史上2頭目の連覇となる。また、BCクラシック2着などの実績持つデルマソトガケ、東京大賞典の2着馬ウィルソンテソーロ、同3着のドゥラエレーデも出走する。