UAE・ドバイのメイダン競馬場で現地時間30日、ドバイワールドカップ(北半球産4歳上、南半球産3歳上・首G1・ダ2000m)が行われ、ウシュバテソーロ(牡7、美浦・高木登厩舎)が2着に好走。賞金約3.4億円を加算して、日本馬の獲得賞金ランキングで首位に立った。

 同馬は父オルフェーヴル、母ミルフィアタッチ、母の父キングカメハメハの血統。22年春からダートに転じ、暮れの東京大賞典、年明けの川崎記念、そしてドバイWCとGI級競走3連勝を飾った。その後も日本テレビ盃や東京大賞典を制したほか、前走のサウジCでも2着好走。路線変更からわずか2年で賞金22億1567万700円(概算)まで積み上げている。

【現在の歴代獲得賞金ランキング】
1位 ウシュバテソーロ 22億1567万700円(※)
2位 イクイノックス 22億1544万6100円
3位 アーモンドアイ 19億1526万3900円
4位 キタサンブラック 18億7684万3000円
5位 パンサラッサ 18億4466万3200円
6位 テイエムオペラオー 18億3518万9000円
7位 ジェンティルドンナ 17億2603万400円
8位 オルフェーヴル 15億7621万3000円
9位 ブエナビスタ 14億7886万9700円
10位 ディープインパクト 14億5455万1000円

※2023年は1米ドルあたり131.865円、24年はフランスギャロ発表の公式レート1ドル=141.4円で換算。JRA公式の総賞金額は未確定のため、ウシュバテソーロの金額は見込み。