母に続く重賞制覇なるか。ジュニアCを制したキャプテンシー(牡3、栗東・松永幹夫厩舎)が、ニュージーランドトロフィー(3歳牡牝・GII・芝1600m)で3連勝を狙う。

 キャプテンシーは父モーリス、母アドマイヤリード、母の父ステイゴールドという血統。母は17年ヴィクトリアマイル覇者。2歳夏の新馬戦では後に「幻のダービー馬」と呼ばれるシルバーステートに、生涯唯一の黒星を付けている。

 ここまで5戦2勝。デビューからの3戦は全て2着だったが、4戦目の未勝利戦(阪神芝1600m)で初めて逃げを打ち、惜敗続きにピリオドを打った。さらに前走のジュニアCでも再び先手を奪い、2着のチャンネルトンネルに2馬身差の完勝。重賞級のポテンシャルを秘めていることは間違いない。

 今回の舞台は前走と同じ中山芝1600m。レースこそ違うが、父モーリスが初タイトルを獲得したコースでもある。またも逃げるのか、それとも控えるのか。いずれにしても、ここで母仔2代の重賞制覇を果たし、3歳マイル王の座へ突き進みたい。