今度こそ兄妹重賞制覇なるか。ステルヴィオの全妹のウンブライル(牝4、美浦・木村哲也厩舎)が、阪神牝馬ステークス(4歳上牝・GII・芝1600m)で6戦ぶりの勝利を目指す。

 ウンブライルは父ロードカナロア、母ラルケット、母の父ファルブラヴの血統。全兄のステルヴィオは18年のマイルCS覇者。全姉のステルナティーアは21年のサウジアラビアロイヤルCで2着だった。また日本調教馬として史上初めてGIを7勝した歴史的名馬シンボリルドルフは近親にあたる。

 ここまで7戦2勝。昨春はニュージーランドT、NHKマイルCと2戦連続2着。後者ではゴール前で猛追したものの、シャンパンカラーにアタマ差及ばなかった。その後に右前脚の骨の突起した部分を除去する手術を受けたため、休養が長くなった。9カ月ぶりだった前走の東京新聞杯は中団から伸びを欠いて9着だが、結果的にブランクが堪えたと判断するのが正解だろう。

 今回が6回目の重賞チャレンジとなる。マスクトディーヴァやシングザットソング、モリアーナなど、同期の重賞勝ち馬も多く参戦しているが、マイル実績では最右翼。今度こそは悲願の初タイトルをつかみ取ってみせる。