現役時代に鎬を削ったライバルが、父となって再び激突だ。17年のクラシック戦線を引っ張ったアルアイン、レイデオロ、スワーヴリチャードの初年度産駒が、皐月賞(3歳牡牝・GI・芝2000m)に揃ってエントリーしてきた。

 皐月賞の父仔制覇を目指すのはアルアイン産駒のコスモキュランダ(牡3、美浦・加藤士津八厩舎)だ。前走の弥生賞は6番人気の低評価だったが、3角での早めスパートから一気に押し切り、重賞初制覇を果たした。父の産駒はここまで勝ち上がりが5頭、2勝しているのはコスモキュランダのみと苦戦気味。ここで孝行息子が起死回生の一発といきたい。

 スワーヴリチャード産駒は精鋭2頭出しだ。牝馬のレガレイラ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)は昨年のホープフルSの覇者。勝てば47年のトキツカゼ、48年のヒデヒカリに続いて、76年ぶり3頭目の牝馬Vとなる。もう1頭のアーバンシック(牡3、美浦・武井亮厩舎)は前走の京成杯で2着に終わったが、ゴール前の伸び脚は素晴らしく、まさに負けて強しの内容だった。どちらかといえば東京向きだが、ポテンシャルではレガレイラに負けていない。初年度産駒が大活躍し、今年の種付料が昨年から1300万円アップの1500万円に跳ね上がったハーツクライの最良後継サイアー。16年のディープインパクト以来、新種牡馬に限ると95年のサンデーサイレンス以来となる産駒ワンツーがあっても不思議はない。

 そしてレイデオロ産駒のサンライズアース(牡3、栗東・石坂公一厩舎)も一発を秘めている。実績では見劣るが、ここまで2戦2勝と底を見せていない。鞍上が「皐月男」のM.デムーロ騎手というのも心強い限り。父が初黒星を喫した皐月賞で産駒GI初勝利となればドラマだ。

 皐月賞馬のアルアインが意地を見せるか。それともスワーヴリチャードとレイデオロがリベンジを果たすのか。そういった視点でも楽しめるクラシック三冠第1弾となりそうだ。