今週の土曜日は、中山競馬場でニュージーランドトロフィー(GII・芝1600m)が行われます。

 過去10年のニュージーランドTでは、前走から中8週以内の馬が9勝2着9回3着8回と良績を残しています。一方で前走から中9週以上の馬については、1勝2着1回3着2回と苦戦傾向にあります。

 前走から間隔が開きすぎずコンスタントに使われている馬が、調子を維持し良績を残していると考えられます。中9週以上の馬に関しては休み明けの影響で本来の力を出し切れていないのではないかと考えられます。

 今年の出走馬でも前走から中9週以上の馬が複数いますし、それらの馬の取捨選択は慎重に行っていきたいところです。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。そんな時に役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去のデータから導き出した消去法で、あなたの馬券検討をサポートします。

 昨年のニュージーランドTでは【注目の穴馬】のシャンパンカラーが7番人気ながら3着と好走。先週の大阪杯では【残った馬】のベラジオオペラが優勝しローシャムパークが2着でワンツー決着となっています。

 今週もケシウマの【残った馬】&【注目の穴馬】にご期待ください!

 ここでは、上位人気が予想される馬の死角となりそうなデータをひとつ紹介します。

【条件】
前走から中9週以上での出走(ただし、前走4角4番手以内の馬は除く)
[0-0-0-8]複勝率0%
該当馬:オーサムストローク、ボンドガール
※特に言及のない限り、データは過去10年間を対象にしています。

 上位人気が予想されるボンドガールが該当しました。

 前走から中9週以上の馬の中でも、前走で4角4番手以内の馬には好走例があります。中山は比較的直線が短いコースですので、前走で先行している事が強みとなるのでしょう。また、先行しているという事は気性的に前向きである証拠でもあり、そのような馬は前走から間隔が開いていたとしてもいきなりから力を出し切れるタイプと言えるかもしれません。

 該当馬のボンドガールは前走から中25週での出走。前走の4角では9頭立ての6番手となっています。過去の傾向を踏まえると好走例には合致しませんし、人気を裏切る可能性があります。

 また、ボンドガールは桜花賞への出走を見据えて調整されていましたが、抽選対象で残念ながら除外となってしまいました。微妙にリズムが崩れてしまっている点も気になるところですし、人気にはなりそうですが思い切って軽視するのもひとつの手ではないでしょうか。

 はたして、ケシウマはどんな消去データを提示してくるのか。重賞レースの参考として、公開中の『パーフェクト消去法』を是非お役立てください。


ケシウマの予想を見る