6日、阪神競馬場で行われた第67回阪神牝馬ステークス(4歳上・牝・GII・芝1600m)は、好位追走から直線で抜け出したJ.モレイラ騎手騎乗の1番人気マスクトディーヴァ(牝4、栗東・辻野泰之厩舎)が、外から追い上げてきた4番人気ウンブライル(牝4、美浦・木村哲也厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒0(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に3番人気モリアーナ(牝4、美浦・武藤善則厩舎)が入った。なお、2番人気ドゥアイズ(牝4、栗東・庄野靖志厩舎)は5着に終わった。

 勝ったマスクトディーヴァは、父ルーラーシップ、母マスクオフ、その父ディープインパクトという血統。前走の東京新聞杯では出遅れもあって6着に敗れたが、ここで見事巻き返し重賞2勝目を挙げた。また、本馬はこの勝利でヴィクトリアマイルの優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
◆マスクトディーヴァ(牝4)
騎手:J.モレイラ
厩舎:栗東・辻野泰之
父:ルーラーシップ
母:マスクオフ
母父:ディープインパクト
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 マスクトディーヴァ 1人気
2着 ウンブライル 4人気
3着 モリアーナ 3人気
4着 シングザットソング 7人気
5着 ドゥアイズ 2人気
6着 テンハッピーローズ 9人気
7着 モズゴールドバレル 5人気
8着 ゴールドエクリプス 8人気
9着 サブライムアンセム 10人気
10着 ライラック 6人気
11着 スピーディキック 11人気