6日、中山競馬場で行われた第42回ニュージーランドトロフィー(3歳・牡牝・GII・芝1600m)は、好位追走から直線での追い比べを制した横山武史騎手騎乗の3番人気エコロブルーム(牡3、美浦・加藤征弘厩舎)が、最内を突いて脚を伸ばした1番人気ボンドガール(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒4(稍重)。

 さらにアタマ差の3着に9番人気ユキノロイヤル(牡3、美浦・小野次郎厩舎)が入った。なお、2番人気キャプテンシー(牡3、栗東・松永幹夫厩舎)は16着に終わった。

 勝ったエコロブルームは、父ダイワメジャー、母シュガーショック、その父Candy Rideという血統。未勝利を勝って挑んだシンザン記念で2着に入り、続くここでも力を見せて重賞初制覇を果たした。また、本馬及び2着のボンドガール、3着のユキノロイヤルはNHKマイルCの優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
◆エコロブルーム(牡3)
騎手:横山武史
厩舎:美浦・加藤征弘
父:ダイワメジャー
母:シュガーショック
母父:Candy Ride
馬主:原村正紀
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 エコロブルーム 3人気
2着 ボンドガール 1人気
3着 ユキノロイヤル 9人気
4着 カズミクラーシュ 5人気
5着 ドリーミングアップ 12人気
6着 クリーンエア 16人気
7着 エイムフォーエース 15人気
8着 オーサムストローク 10人気
9着 エンヤラヴフェイス 8人気
10着 スパークリシャール 6人気
11着 ルージュスエルテ 4人気
12着 シャインズオンユー 13人気
13着 サトミノキラリ 11人気
14着 デビッドテソーロ 14人気
15着 ブライトマン 7人気
16着 キャプテンシー 2人気